月刊OPTRONICSに寄稿された「エッジ」の効いた研究の数々です。光技術の意外な応用など,新たな視点から改めて光技術を見ることができます。

全10件中 1〜10件目を表示

ホログラフィック波長多重と位相変調の設計を活用するレンズレスカラー3次元画像センシング技術

1. 背景 光には振幅,位相,周波数,振動方向など多くの物理量が含まれており,その伝搬速度は3.0×108 [m/s]とこの世で最も速い。光波を利用することにより,3次元の空間情報を単一画像より取得でき,非破壊・非接触・ […]
ネジ締め固定と同時に自己調心を実現する高精度セルフ-センタリング締結技術と光学分野への応用

ネジ締め固定と同時に自己調心を実現する高精度セルフ-センタリング締結技術と光学分野への応用

1. はじめに 産業の進歩に伴い,あらゆる産業分野において基礎となる機械部品の加工精度,組み立て実装への際限のない高精度化が要請されている。特に我々の関わり合いの深い,光計測応用分野においても光学機器の組み立て要求精度は […]
液晶空間光変調素子を使ってみませんか

液晶空間光変調素子を使ってみませんか

1. はじめに 空間光変調素子(SLM: spatial light modulator)は,コンピュータ内の画像情報を光学系内に表示するために不可欠なデバイスである。コンピュータの液晶モニターもSLMの1種である。ここ […]
精密電子回路をガラスコップなどの曲面にも形成可能,かつ超高速/高性能な光造形も可能な1台2役3Dプリンターの実用化に向けて

精密電子回路をガラスコップなどの曲面にも形成可能,かつ超高速/高性能な光造形も可能な1台2役3Dプリンターの実用化に向けて

1. はじめに 3Dプリンターの登場によって,新しいアイデアや製品を簡単に試作できるようになっている。いわゆるMaker Movementと呼ばれる動きが加速している。しかし,モノ造りは従来の3Dプリンターやレーザーカッ […]
レーザークリーニング技術と実用の可能性

レーザークリーニング技術と実用の可能性

1. はじめに レーザークリーニング技術はレーザー光を用いた非接触の処理方法である。航空機部材の塗装剥離の環境改善を主目的として開発されたもので,それまで有機溶剤で行われてきた塗装の剥離をレーザーによる処理に置き換えるこ […]
深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止</br>〜水銀フリー時代の幕開け〜

深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止
〜水銀フリー時代の幕開け〜

1. 序文 青色や白色のLEDに使われているInGaN系の窒化物半導体を用いて,近紫外波長365 nmまで,高効率と高出力は実現されている。この波長帯であれば,パッケージもシリコーンで樹脂モールドできる。より短波長のAl […]
コンクリート音響探傷システム

コンクリート音響探傷システム

1. はじめに 現在,日本の交通インフラにおいて高度成長期以降の大量・急速施工の時代に建設されたトンネルや橋梁などのコンクリート建造物の多くが老朽化により保守期を迎えつつある。この時代に使用されたコンクリートの寿命は比較 […]
マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴

マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴

1. はじめに 工業製品の品質を左右する要素として,加工精度や組み立て精度などの他に,素材そのものの欠陥が挙げられる。ひび割れ,鋳巣,残留応力などが問題であり,特に過酷な環境下で使用する部品においては,わずかな欠陥でも致 […]
畜肉を早期に熟成させて美味しくする光処理技術

畜肉を早期に熟成させて美味しくする光処理技術

1. はじめに 畜肉は,と殺後死後硬直により硬くなり,その硬直期の肉を加熱調理すると,さらに硬く肉汁の流出も著しく食用に適さない。そのため,と殺後の畜肉は,一定期間を低温の環境下で菌の増殖を防ぎながら保管し,畜肉の肉組織 […]
偏光高速干渉計測を実現するULTRA FAST干渉計“SuperFIZ”

偏光高速干渉計測を実現するULTRA FAST干渉計“SuperFIZ”

1 はじめに 今年は,国際光年の輝かしい記念すべき年である。レーザーが科学計測の光源として出現してから,55年である。この間,レーザー光源が,ハイテク産業発展の一翼を担ってきたことは言うまでもない。特に,高精密な光学部品 […]
1 / 11