ニュース

全9988件中 8491〜8500件目を表示

東大,ポストグラフェン材料であるWSe2のスピン自由度を強電場によって制御することに成功

東大,ポストグラフェン材料であるWSe2のスピン自由度を強電場によって制御することに成功

東京大学大学院 工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター・物理工学専攻教授の岩佐義宏氏,特任助教の袁洪涛(ユアン ホンタオ)氏,准教授の有田亮太郎氏らは,理化学研究所創発物性科学研究センター副センター長の永長直 […]
東大、細胞は信号のばらつきを自律的に補償して情報を堅牢(ロバスト)に伝達することを発見

東大、細胞は信号のばらつきを自律的に補償して情報を堅牢(ロバスト)に伝達することを発見

東京大学大学院理学系研究科特任助教の宇田新介氏と教授の黒田真也氏は、細胞が伝達している情報量をシャノンの情報理論の概念を用いて解析して、細胞の情報伝達が堅牢であることを世界で初めて見出した。 研究チームは、これまでに細胞 […]
京都産業大ほか、カゴメ磁性体モデルで世界初の「磁場に反応しない量子液体状態」を示す磁化プラトーを発見

京都産業大ほか、カゴメ磁性体モデルで世界初の「磁場に反応しない量子液体状態」を示す磁化プラトーを発見

京都産業大学理学部准教授の堀田知佐氏、東北大学大学院理学研究科准教授の柴田尚和氏は、IFW理論研究所(ドレスデン・ドイツ)研究員の西本理氏と共同で、世界で初めてカゴメ格子構造をもつ磁性体モデルの磁化過程を正確に同定するこ […]
北大、分子の状態を客観的に判定・予測する新しいアルゴリズムの開発に初めて成功

北大、分子の状態を客観的に判定・予測する新しいアルゴリズムの開発に初めて成功

北海道大学電子科学研究所分子生命数理研究分野准教授の李振飈氏,教授の小松崎民樹氏らの研究グループは,例えば,開いているか/閉じているか,結合しているか/離れているか,といった有限個で連続的でない飛び飛びの値をもつ分子の時 […]