ニュース

全10602件中 9101〜9110件目を表示

PR

次世代知覚技術「アイトラッキング」の可能性

身体もしくは神経系の障がいをもつ人々のコミュニケーションや電動車椅子の操作サポートをはじめ,様々な分野での応用が期待されているアイトラッキング(視線追跡・計測)。今後,こうした新しく高度な知覚技術はますます重要になってく […]
大阪大学,光触媒や色素増感太陽電池の効率を向上する,酸化チタンメソ結晶の簡便な合成法を開発

大阪大学,光触媒や色素増感太陽電池の効率を向上する,酸化チタンメソ結晶の簡便な合成法を開発

大阪大学産業科学研究所教授の真嶋哲朗氏は,色素増感型太陽電池や光触媒,リチウムバッテリーなどに広く利用されている酸化チタンについて,メソ結晶を簡便に合成する方法を開発した。メソ結晶とは,結晶性ナノ粒子がマイクロメートル程 […]
大阪大学,光触媒や色素増感太陽電池の効率を向上する,酸化チタンメソ結晶の簡便な合成法を開発

大阪大学,光触媒や色素増感太陽電池の効率を向上する,酸化チタンメソ結晶の簡便な合成法を開発

大阪大学産業科学研究所教授の真嶋哲朗氏は,色素増感型太陽電池や光触媒,リチウムバッテリーなどに広く利用されている酸化チタンについて,メソ結晶を簡便に合成する方法を開発した。メソ結晶とは,結晶性ナノ粒子がマイクロメートル程 […]
東大,ポストグラフェン材料であるWSe2のスピン自由度を強電場によって制御することに成功

東大,ポストグラフェン材料であるWSe2のスピン自由度を強電場によって制御することに成功

東京大学大学院 工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター・物理工学専攻教授の岩佐義宏氏,特任助教の袁洪涛(ユアン ホンタオ)氏,准教授の有田亮太郎氏らは,理化学研究所創発物性科学研究センター副センター長の永長直 […]
東大、細胞は信号のばらつきを自律的に補償して情報を堅牢(ロバスト)に伝達することを発見

東大、細胞は信号のばらつきを自律的に補償して情報を堅牢(ロバスト)に伝達することを発見

東京大学大学院理学系研究科特任助教の宇田新介氏と教授の黒田真也氏は、細胞が伝達している情報量をシャノンの情報理論の概念を用いて解析して、細胞の情報伝達が堅牢であることを世界で初めて見出した。 研究チームは、これまでに細胞 […]
京都産業大ほか、カゴメ磁性体モデルで世界初の「磁場に反応しない量子液体状態」を示す磁化プラトーを発見

京都産業大ほか、カゴメ磁性体モデルで世界初の「磁場に反応しない量子液体状態」を示す磁化プラトーを発見

京都産業大学理学部准教授の堀田知佐氏、東北大学大学院理学研究科准教授の柴田尚和氏は、IFW理論研究所(ドレスデン・ドイツ)研究員の西本理氏と共同で、世界で初めてカゴメ格子構造をもつ磁性体モデルの磁化過程を正確に同定するこ […]