コンサルタントの技術論

大手コンサルティング会社で活躍してきた著者が,長い経験で得てきた事業開発におけるコツを披露します。事業開発に関連してほんの少しの注意で成果が劇的に変化する可能性に注目した連載です。

全78件中 1〜10件目を表示

やはり、目指すのは一位でないと

やはり、目指すのは一位でないと

(社会のアモルファス化) 将来社会について議論していた時,「社会がアモルファス化する」と表現した同僚がいました。私は,「文系は科学用語をいい加減に使うことが多いけど,今も…」と話しはじめ,反論を述べました。 しかし,反論 […]
緊張する第一回ミーティングに向けて

緊張する第一回ミーティングに向けて

(初対面) 優秀なコンサルタントを何人か知っています。それらの人は,各人それぞれに高い専門性を身に着けています。専門性は各人異なりますが,コミュニケーションに長けているということは共通しています。 コンサルタント業務では […]
「シーズプッシュ」のすすめ

「シーズプッシュ」のすすめ

(合併経験) 企業合併は珍しくないですが,私も自分の勤めている会社で経験しました。合併相手は,売上,社員数ともに4倍強でした。企業規模がだいぶ違うものの社名は残りましたので,対等合併とは言えなくても吸収合併という感じはあ […]
Must, Can, Will

Must, Can, Will

(反則技とは言われるけれど) コミュニケーションの反則技の代表に「3の字固め」があります。相手の理解を振り切る速度で,主張の背景や根拠など3点を並べ立て,強制的に納得させるという反則技です。十分な速度があれば,3点が相互 […]
理解の共有は価値観の共有から

理解の共有は価値観の共有から

(所変われば品変わる) 日本では受ける商品でも海外では受けないことがあります。逆もあります。日本の国内でも地域差から同じようなことはあります。 所変われば品変わるで,特に思い出深いのが,羽まで赤い扇風機です。もちろん本体 […]
隣近所効果とエスノグラフィー

隣近所効果とエスノグラフィー

(パーコレーションモデル) 情報の伝わり方のモデルにパーコレーションモデルがあります。水が何かにパーコレート,つまり浸透する現象をモデル化したネットワークモデルの一種です。ノードとそれを繋ぐリンクで浸透や情報の伝わり方を […]
やってりゃ良かったあのテーマ

やってりゃ良かったあのテーマ

(昔は光造形,今は3Dプリンタ) 最近3Dプリンティングと呼ばれている技術は,以前,光造形と呼ばれていました。アイデアは,多分,日本発だと思います。材料や光源技術も未熟でしたし,形状に関するデータ処理技術も不十分でした。 […]
理系についての迷信

理系についての迷信

(根強い思い込み) 90%の人が文系の組織に所属したことがあります。営業支援を主務とする組織でした。メンバーは社歴が20年,30年のシニアが中心でした。毎週月曜の午前中に行われる連絡会で,文系出身者が理系について迷信を持 […]
独創から群創へ

独創から群創へ

(事業開発成功の条件) 成功した事業開発には3つの共通点があります。1つ目は、優れたリーダの存在です。製造業では、プロダクトチャンピオンとも呼ばれます。事業として成功する前段階では、アイデアジェネレータとも呼ばれます。 […]
可視化のジレンマ

可視化のジレンマ

(詐話師) 詐欺師の一種を指す詐話師という言葉があるそうです。日本語の教養が豊かなお客様から伺ったことがあります。私が勝手なことを気持ち良さそうに話していたのではないでしょうか。私についてのお叱りのお気持ちもあったように […]
1 / 812345...最後 »