コンサルタントの技術論

大手コンサルティング会社で活躍してきた著者が,長い経験で得てきた事業開発におけるコツを披露します。事業開発に関連してほんの少しの注意で成果が劇的に変化する可能性に注目した連載です。

全78件中 31〜40件目を表示

企業名称で作る技術のネットワーク

企業名称で作る技術のネットワーク

(企業名称をノードにしたネットワーク) 技術の議論では衆知が集め難いことがあります。技術の理解には専門性が必要です。専門性の有るなし専門性の高低が,理解の共有を妨げ,その結果,衆知を集めることを妨げることになりかねません […]
技術の鎖

技術の鎖

(文献で作る技術の鎖) 2つの分野の文献を収集します。例えば,オプトエレクトロニクス分野とロボット分野の文献を収集します。そして,2つの分野の合併領域,重なり領域の文献を検出します。例えば,レーザや撮像デバイス等について […]
ワクワク・ドキドキ・ムラムラ

ワクワク・ドキドキ・ムラムラ

(ワイガヤフェーズのワクワク) 事業開発の初期段階では,ワイワイガヤガヤと色々なアイデアを収集する活動が行われることがあります。仕事柄,お客様の社内に設けられたチームの作業にご協力させて頂くこともよくあり,ワイガヤフェー […]
曖昧な概念を文献で可視化する

曖昧な概念を文献で可視化する

(快適性,快適化) 個人的でかつ昔の話です。新しい産業・事業のアイデア発掘の活動をやったことがあります。その時に得られたアイデアの1つに快適工学がありました。アイデア発掘では良くあることですが,具体的な内容に先立ち先ず言 […]
フラーレンの開発過程の可視化

フラーレンの開発過程の可視化

(フラーレンショック) 私ごとですが、修論ではグラファイト内のフォノンに関する実験を行いましたので、炭素には何か親近感があります。フラーレンはその炭素で見つかった新しい形態でしたので、最初、フラーレンのニュースを聞いたと […]
インタビューと内科診断

インタビューと内科診断

(診断に調査を学ぶ) 昔,調査やコンサルテーションと呼ばれる活動の中で,最も厳密に行われるのは医学的な診断での調査やコンサルテーションではないかと思ったことがあります。有名な大型書店に行くと「内科診断学」という題名の本が […]
ノウ・ハウより大事なのは…

ノウ・ハウより大事なのは…

(インタビュー重視でした) 「インタビューに行くならその前に調べられることは調べておけよ。インタビューにはコストがかかるんだから」。先輩から言われたことがありました。私は,文献等で調べる前にインタビューへ出かけるといった […]
インタビューのコツ

インタビューのコツ

(予測作業でのインタビュー) 予測には市場予測,技術予測,長期予測,短期予測などなど色々な種類があります。特に短期的な予測,精々2~3か月先までの短期を予測するような場合,最も有効な方法はインタビューです。つまり,事情通 […]
研究者と技術者

研究者と技術者

(厳密には区別できないこと) 一応,定義して区別できても,細かいことまで考えると結局,その違いがよくわからなくなり,区別することが難しくなる物事は色々あります。ここで話題にしたいのが,科学と技術の区別,そして研究者と技術 […]
技術連関分析

技術連関分析

(殺人光線) オプトエレクトロニクス分野では,現在も数多くの積極的な研究開発,技術開発が行われています。最近の話題を1つあげるとメタマテリアルです。その名称にはオプトエレクトロニクスらしさはありませんが,内容はオプトエレ […]