コンサルタントの技術論

大手コンサルティング会社で活躍してきた著者が,長い経験で得てきた事業開発におけるコツを披露します。事業開発に関連してほんの少しの注意で成果が劇的に変化する可能性に注目した連載です。

全74件中 31〜40件目を表示

フラーレンの開発過程の可視化

フラーレンの開発過程の可視化

(フラーレンショック) 私ごとですが、修論ではグラファイト内のフォノンに関する実験を行いましたので、炭素には何か親近感があります。フラーレンはその炭素で見つかった新しい形態でしたので、最初、フラーレンのニュースを聞いたと […]
インタビューと内科診断

インタビューと内科診断

(診断に調査を学ぶ) 昔,調査やコンサルテーションと呼ばれる活動の中で,最も厳密に行われるのは医学的な診断での調査やコンサルテーションではないかと思ったことがあります。有名な大型書店に行くと「内科診断学」という題名の本が […]
ノウ・ハウより大事なのは…

ノウ・ハウより大事なのは…

(インタビュー重視でした) 「インタビューに行くならその前に調べられることは調べておけよ。インタビューにはコストがかかるんだから」。先輩から言われたことがありました。私は,文献等で調べる前にインタビューへ出かけるといった […]
インタビューのコツ

インタビューのコツ

(予測作業でのインタビュー) 予測には市場予測,技術予測,長期予測,短期予測などなど色々な種類があります。特に短期的な予測,精々2~3か月先までの短期を予測するような場合,最も有効な方法はインタビューです。つまり,事情通 […]
研究者と技術者

研究者と技術者

(厳密には区別できないこと) 一応,定義して区別できても,細かいことまで考えると結局,その違いがよくわからなくなり,区別することが難しくなる物事は色々あります。ここで話題にしたいのが,科学と技術の区別,そして研究者と技術 […]
技術連関分析

技術連関分析

(殺人光線) オプトエレクトロニクス分野では,現在も数多くの積極的な研究開発,技術開発が行われています。最近の話題を1つあげるとメタマテリアルです。その名称にはオプトエレクトロニクスらしさはありませんが,内容はオプトエレ […]
情報の共有と理解とビジョンの共有

情報の共有と理解とビジョンの共有

(情報の共有と理解の共有) 私の周りでも,「共有します」というメールが頻繁にやり取りされています。何を共有するかといいますと情報です。情報の内容は,ミーティングの内容だったり,お客様とのやり取りの内容だったり,多様です。 […]
人の連想を超えて使えそうな技術を探す

人の連想を超えて使えそうな技術を探す

(既存の文献を利用した技術探索) アインシュタインが一般相対性理論の構築に取り掛ったころ,モデルとして使えそうな数学について友人に相談したそうです。曲がった空間を研究するのに効果的なモデルとして使える数学についてです。 […]
アナロジーによる予測

アナロジーによる予測

(先行事例) 予測では、過去から現在までの経過を将来へと延長するという方法がよく採用されます。経過の延長ができない場合には、先行事例が踏まえられます。両方ともに、過去から現在までの趨勢や過去に起こったことが引き続き起こる […]
営業マンの専門性

営業マンの専門性

(青色ダイオードの件) 1990年代を代表する技術革新が,中村修二氏による青色発光ダイオードの発明でした。長年の夢であった高輝度の青色発光は,世界に誇れる成果でした。しかし成果以上に話題になったのが,勤めていた企業であっ […]