PR
人を捉える車載LiDARセンサーの校正に有効,様々な基材にコーティング可能な反射材

人を捉える車載LiDARセンサーの校正に有効,様々な基材にコーティング可能な反射材

パーマフレクトをコーティングしたマネキン(車載LiDARの照射ターゲット) システムズエンジニアリングでは,フィールドでのカメラやLiDARなどのセンサーの校正に適した反射材である米labsphere社製「大型反射板 パ […]

光技術者として日々の研究にいそしむ著者が,これまでの経験や日常を通じて感じる光に関するあれこれを,肩ひじ張らずに綴る人気のコラム。その飄々としたキャラクターも魅力の一つです。

全68件中 1〜10件目を表示

幻日の現実

幻日の現実

仕事帰りの道すがら,まだ日が長い時期で,夕日というには少し早めの太陽が西にうっすらとかかった雲を透かして見えている。その太陽から水平方向右側,少し離れたところに光の塊が出現しているのを見つけた。それは少し縦長で,水平方向 […]
憧れのシャンパンゴールド

憧れのシャンパンゴールド

シャンパンと庶民的なスパークリングワインを泡の音で判別する。そんな酔狂な実験の報告がPhysics Todayという真面目な雑誌に掲載されていた。スパークリングワインの中でも,フランスのシャンパーニュ地方で厳しい基準を満 […]
失せ物がたり

失せ物がたり

僕は占いやまじないの類いは信じないことを標榜しているが,そのくせ神社などでおみくじを売っていると,ほぼ間違いなく運だめしをしてしまう。そして,大吉だ小吉だ凶だと一喜一憂してみたり,「恋愛運良し」と言う一文を見て,ついほく […]
瞳に炎

瞳に炎

沸き立つ闘志が瞳に炎となって燃え上がる。マンガの中ではよく見かける光景だ。「目は心の窓」と刷り込まれている僕たちは,なんら疑うこともなく,そこに描かれた人物の激情を感じ取ることができてしまうのだ。でも,もし本当に瞳で炎が […]
鉄腕アトムの目のチカラ

鉄腕アトムの目のチカラ

子供の頃,僕の家には樹脂でできた鉄腕アトムの貯金箱があった。頭の後ろに硬貨を入れる穴があって,首を外すと中の硬貨が取り出せるというものだ。当時,テレビで放送されていた鉄腕アトムは白黒だったはずなのに,記憶の中のアトムがフ […]
レーザーポインター光線

レーザーポインター光線

レーザーポインターといえば,世間一般ではサッカーの試合でゴールキーパーの邪魔をするためにレーザー光を顔に狙い撃ちするための道具だと思っている人も多いかもしれない。でも,本来は,プレゼンテーションで図を指し示す指し棒の代わ […]
コーヒー色であるということ

コーヒー色であるということ

コーヒーを淹れるひとときは幸せだ。フィルターに盛ったコーヒー豆の粉にお湯を注ぐと,香りとともにプクプクと泡が立ち,粉全体が饅頭のように膨れ上がる。ひとたび待って,ほどよい時間が経ってから再びお湯をゆっくりと注いでいく時に […]
立ち食い蕎麦にも森羅万象

立ち食い蕎麦にも森羅万象

蕎麦が好きで,何かにつけて食べに行く。とは言っても,蕎麦と言えば神田のあそことかとか日本橋のどこそこ,なんて言うこだわりがあるわけではなく,出かけた先や旅先などで何となく良さげに見える蕎麦屋に入り,美味しいの美味しくない […]
めくるめく印象派

めくるめく印象派

僕がまだ子供の頃,父がなぜだか西洋絵画の全集を買い込んだ。それは古典から現代に至るまでの代表的な絵画が画家別に分冊された立派なもので,我が家のリビングに鎮座することとなった。ずらりと並んだ背表紙には有名であろう画家たちの […]
X線を越えるもの

X線を越えるもの

幼稚園の頃,体が小さくて馬鹿にされたのを見返すために木から飛び降りたら,着地の時に手をついて右肘を脱臼した。脱臼と言っても関節が変形してしまうほどの重症で,外科でギブスをはめられた後,夏の間,僕はプロ野球選手も通っていた […]
1 / 712345...最後 »