ひかりがたり

光技術者として日々の研究にいそしむ著者が,これまでの経験や日常を通じて感じる光に関するあれこれを,肩ひじ張らずに綴る人気のコラム。その飄々としたキャラクターも魅力の一つです。

全46件中 1〜10件目を表示

闇は見えるか?

闇は見えるか?

夜中に目が覚めると,辺りは真っ暗でしんと静まり返っている。たまらなく闇が怖くなって部屋の明かりをつけようとする。僕は起き上がって手探りで電灯のスイッチの紐を探してみるのだが,なかなか見つからない。焦りが闇の恐怖を煽り立て […]
灯台に愛を

灯台に愛を

僕がまだ小学校の低学年のことだ。練馬にあった社宅に住む同学年の子が,東大病院で心臓の手術を受けることになった。幸い,手術は無事成功し,社宅の子供達で彼のお見舞いに行くことになった。まだ幼く無知だった僕は「トーダイ病院」と […]
レシートが放つもの

レシートが放つもの

この夏,光関連の大きな国際学会に参加するために,米国西海岸のサンディエゴに5日間滞在した。メキシコ国境に近く海に面したサンディエゴは,大都市であるとともに明るい太陽が降り注ぐリゾートシティだ。仕事での出張だから,昼間はガ […]
レイリーとミーの間

レイリーとミーの間

光に関わる話の中で,「空が青くて雲が白い理由」話はおそらくTOP3にランクされる人気のアイテムだろう。「空が青いのは空気の分子によるレイリー散乱によるものである。レイリー散乱の強度は波長が短い青い光ほど強いから空は青いの […]
ピカ?それともピカピカ?

ピカ?それともピカピカ?

今の家に引っ越しをした時に,まだ小学生だった娘から,転校との交換条件として犬をねだられた。その時に仔犬としてやってきた柴犬は,娘が大学進学のために家を出て行ってしまった今でも我が家の一員として暮らしている。犬を飼いたいと […]
写真の魔力

写真の魔力

志望していた大学の受験に落ち,僕の浪人が決定したその日の夕方,親戚の叔母さんから一本の電話がかかってきた。それは事もあろうに大学合格のお祝いの言葉だった。新聞の夕刊に掲載された合格発表風景の写真に僕が写っているというのだ […]
光の旅はどんな旅?

光の旅はどんな旅?

僕が住んでいる街は東京都心を起点とする某有名私鉄沿線ではあるけれども,かなり外れのほう,はっきり言って田舎である。夜は明かりが少ないから,星がそれなりによく見える。帰宅時に駅を降りて家まで向かう途中には,星空を見上げて歩 […]
暗闇に光

暗闇に光

子供の頃は目の前に広がる景色が僕の世界の全てだった。空一面を暗い雲が覆ったりしたときには,晴れ間というものがこの世から駆逐され,二度と戻ってこないのではないかと心配したものである。そんな心配で心が絶望的に真っ暗になってし […]
消える魔球もいつの日か

消える魔球もいつの日か

かつて,テレビで「スポ根(スポーツ根性)もの」と呼ばれる番組が流行っていた時代があった。「スポ根もの」とは,主人公が打ち込むスポーツの道で信じ難いほどの根性で数々の試練を乗り越えていくというお決まりのストーリーの番組の総 […]
カメラ遍歴

カメラ遍歴

僕が初めて手にしたカメラは父が持っていたパールⅣというフイルムカメラだ。カメラボディ上部のボタンを押すと蓋がパカリと開いて蛇腹胴のレンズが飛び出し,カメラとして機能する仕組みだ。一眼レフにはかなわないものの,上等なレンズ […]
1 / 512345