Photo-Tech News & Report

全98件中 91〜98件目を表示

最も重要なのが実装ノウハウ—開発が進むレーザはんだ付システム

最も重要なのが実装ノウハウ—開発が進むレーザはんだ付システム

実装分野において,レーザはんだ付システム市場の拡大が期待されている。これはレーザ光源の信頼性が高まっていることに加え,実装ノウハウが構築されてきたことも大きな理由として挙げられる。 新たな電子機器の開発に伴い,プリント基 […]
静岡大が開発する,超低照度でのカラー動画撮影が実現可能な,小型/高感度/低ノイズのマルチアパーチャカメラ

静岡大が開発する,超低照度でのカラー動画撮影が実現可能な,小型/高感度/低ノイズのマルチアパーチャカメラ

照明等を使用しない超低照度下のビデオ撮影は,カラー化が大きなハードルとなる。これを実現するにはNHKなどが開発したHARPカメラや,顕微鏡などで使われるEM-CCDなど超高感度の撮像デバイスを使う方法があるが,これらは信 […]
レーザが支えるトンネル壁面形状計測

レーザが支えるトンネル壁面形状計測

日本では高度成長期以降に整備された高速道路や道路橋,トンネルなどの社会インフラの老朽化が問題視されている。国土交通省によれば,今後20年で建設後50年以上経過する施設の割合は加速度的に高くなるとし,例えば,トンネルでは2 […]
光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点「Victories」で取り組む光ネットワーク・デバイス開発

光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点「Victories」で取り組む光ネットワーク・デバイス開発

通信ネットワークの通信量は年率40%で激増しているが,ネット上の動画の普及,デジタル化に伴う放送と通信の融合などにより,2030年にも通信量は現在の千倍のネットワーク容量が必要になると考えられている。 また,電子ルータの […]
金属板でテラヘルツ光の偏光を制御する—大阪大学とアイシン精機が開発

金属板でテラヘルツ光の偏光を制御する—大阪大学とアイシン精機が開発

遠赤外線領域として分類されている0.1〜10THzの周波数帯の電磁波は,様々な物質において特異な透過特性を持っている。これにより,物質の分析や非破壊検査などへの応用が進んでいる。 近年,光源や検出器,分光システム,イメー […]
レーザで液晶・太陽電池パネルを再利用する—エスアンドデイが専用装置を開発

レーザで液晶・太陽電池パネルを再利用する—エスアンドデイが専用装置を開発

薄型テレビやパソコン,スマートフォンやタブレット等など—ハイテク家電には希少な物質が使用されているケースは少なくない。日本は,こうした資源の多くを輸入に頼っているが,廃棄される製品の中に存在する資源を掘り出すというリサイ […]
10 / 10« 先頭...678910