Photo-Tech News & Report

全96件中 31〜40件目を表示

FDI,液体の会合状態を分析可能にする分子クラスタ分光装置を開発

FDI,液体の会合状態を分析可能にする分子クラスタ分光装置を開発

フェムトディプロイメンツ(FDI)は液体の会合状態や熟成具合を,約60秒で数値化する分子クラスタ分光装置『iTaster』を開発した。 会合状態とは,炭素−炭素結合に代表される共有結合や,食塩の塩化物イオン−ナトリウムイ […]
高輝度タイプと超小型タイプのRGB半導体レーザー光源モジュール開発 ─実装実証で優位性を確認

高輝度タイプと超小型タイプのRGB半導体レーザー光源モジュール開発 ─実装実証で優位性を確認

島津製作所と大阪大学は,高輝度タイプと超小型タイプの2種類のファイバー結合型3原色レーザー光源モジュールの開発を発表した。 この成果は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクト「クリーンデバイス社会実装 […]
レーザーから生じる光カオスを用い,AIの基本的な問題の一つ “強化学習”を超高速に実現

レーザーから生じる光カオスを用い,AIの基本的な問題の一つ “強化学習”を超高速に実現

情報通信研究機構・主任研究員の成瀬誠氏,埼玉大学・大学院理工学研究科・教授の内田淳史氏,慶應義塾大学・大学院政策・メディア研究科・特任准教授の金成主氏らの研究グループは,半導体レーザーから生じる光カオスを用いて,1 GH […]
東京理科大とオーテックス,紫外線硬化樹脂による高強度モスアイ構造転写技術を開発

東京理科大とオーテックス,紫外線硬化樹脂による高強度モスアイ構造転写技術を開発

東京理科大学とオーテックスは共同で,高強度で防汚性を持つ紫外線硬化性樹脂を用いたモスアイ構造の転写に成功した。 モスアイ構造はナノオーダーの針状構造で,反射防止効果があり,従来モスアイ構造を用いた反射防止フィルムが大型デ […]
世界初の紫外域から近赤外まで1台で動作する空間光位相変調器 ─京都光技術研究会に参画する5社が共同開発

世界初の紫外域から近赤外まで1台で動作する空間光位相変調器 ─京都光技術研究会に参画する5社が共同開発

大日本科研や大興製作所など5社は共同で,紫外から近赤外までの超広帯域空間光位相変調器(SLM)を開発した。 このSLMは,北海道大学名誉教授・山下幹雄氏の研究シーズを基に開発されたもので,大日本科研,システムロード,大興 […]