光イベントカレンダー

  • セミナー seminar
    『「波動としての光」入門』技術講座
    会期: 2018年7月24日(火)
    会場: 機械振興会館別館,港区,東京
    お問合せ先: 一般社団法人日本オプトメカトロニクス協会
    TEL: 03-3435-9321
    URL: http://www.joem.or.jp/jinzai_ikusei.htm#hadou_guide
  • セミナー seminar
    第37回 日本医用画像工学会大会
    会期: 2018年7月25日(水)~ 27日(金)
    会場: 筑波大学天王台キャンパス大学会館(茨城県つくば市)

    【特別講演】
    ▼実用化を目指すX線位相イメージング 百生敦(東北大)
    ▼顕微鏡イメージングで植物のメカニズムを視る 東山哲也(名大)【チュートリアル講演】
    ▼深層学習にできること・できないこと・期待すること(コニカミノルタ科学技術振興財団 JAMITハンズオンセミナー連携企画)
    【シンポジウム】
    ▼医用画像再構成の基礎と新しい展開
    ▼ディープラーニング:基礎理論から応用へ
    ▼AI画像処理の応用事例と人工知能デモクラシーについて
    ▼医用画像を活用した3Dバーチャル手術:ソフト開発から,臨床評価,医学教育までとこれからの未来
    ▼光断層イメージングの新しい展開
    【一般演題】
    【ハンズオンセミナー】

    参加費: 正会員(賛助会員含む):13,000 円
    学生会員:5,000 円
    非会員:20,000 円
    お問合せ先: JAMIT2018
    URL: http://jamit2018.jamit.jp/
  • セミナー seminar
    光・量子デバイス研究会
    会期: 2018年7月26日(木)13:00~16:30
    会場: ルーテル市ヶ谷センター 第一会議室(東京・市ヶ谷)
    主催: 電気学会 光・量子デバイス研究会

    光・量子デバイス研究会傘下のパワー光源及び応用システム調査専門委員会(委員長 宮本智之(東工大))が,テーマ「パワー光源および応用システム全般」として企画しました。以下の6件の講演を予定しています。

    13:00-13:05 開会の挨拶
    13:05-13:35 「フォトン場制御による波長超安定・狭帯域Eu添加GaN赤色LEDの高輝度化」,藤原康文(阪大)
    13:35-14:05 「AlGaN深紫外LEDの進展と今後の展望」,平山秀樹(理研)
    14:05-14:35 「直接貼付InP/Si基板へのMOVPE成長によるGaInAsP系半導体レーザの発振特性」,下村和彦(上智大)
    ~~~20分休憩~~~
    14:55-15:25 「フォトニック結晶構造ファイバによるハイパワー伝送技術」,松井隆(NTT)
    15:25-15:55 「Low-Divergence High-Power VCSEL arrays for Lidar Application」,北川亮(長瀬産業)
    15:55-16:25 「車載LIDAR光源の動向」,山田仁(デンソー)
    16:25-16:30 閉会の挨拶

    参加費: 事前申込不要
    会員:1100円(予定)
    非会員:1600円(予定)
    定員: 45名
    お問合せ先: 東京工業大学 宮本智之
    TEL: 045-924-5059
    E-mail: tmiyamot@pi.titech.ac.jp
    URL: https://workshop.iee.or.jp/sbtk/cgi-bin/sbtk-showprogram.cgi?workshopid=SBW000059A0
  • セミナー seminar
    赤外線アレイセンサフォーラム2018
    会期: 7月27日(金)11:00〜19:00
    会場: 立命館大 大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)
    主催: 立命館大学

    ▼赤外透過カルコゲナイドガラス材料 末次達也(五鈴精工業硝子)▼ガス漏洩イメージングの高度化 都築斉一(コニカミノルタ)▼アクティブサーモグラフィによる非破壊検査 福井涼,羽深嘉郎,西谷 豊(KJTD)▼熱画像計測装置を用いた温度計測におけるチノーの取り組み 恩田佳則(チノー )▼SOIダイオード方式非冷却赤外線イメージセンサ 藤澤大介(三菱電機)▼遠赤外線カメラを用いた状況判断技術とヘッドライトアプリケーション 藤山直之,関口亮太(三菱電機)▼非冷却遠赤外線カメラ・フルシャッタレスオペレーションテクノロジについて 今井信司(日本エレクトロセンサリデバイス)▼WebRTCを活用した熱画像の配信と、インフラ保守分野への応用 清水喜弘(インフィニテグラ)▼Innovative miniature stirling coolers from RICOR Avishai Filis(Ricor Systems 2011 A. C. S Ltd.)

    参加費: 無料(懇親会費:3,000円)
    お問合せ先: 立命館大学 木股雅章
    E-mail: kimata@se.ritsumei.ac.jp
  • セミナー seminar
    レーザー/LED 製品の「光の安全」に関する無料個別技術相談会
    会期: 2018年7月30日(月)~8月3日(金)10:00-11:00 / 11:30-12:30 / 14:00-15:00 / 15:30-16:30
    会場: 株式会社UL Japan 伊勢本社
    主催: 株式会社UL Japan

    近年、レーザー/LED技術を使用した製品は増加の一途を辿っています。従来のバーコードリーダー、DVD/CDドライブ、レーザープリンターにとどまらず、LiDAR、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドランプ、ドライバーモニタリングシステム(DMS)等の車載機器や、プロジェクター、測距センサー、顔認証センサー、3Dプリンター等、身の回りの多くの製品に使用されるようになり、レーザー/LEDの「光の安全」の重要性はますます高まっています。

    本相談会では、IEC 60825-1などのレーザー製品安全規格やIEC 62471などの ランプ(LEDを含む)の光生物学的安全規格についてのご相談、米国FDAへのレーザー製品の届出についてのご質問など、「光の安全」をテーマに経験豊富な弊社のエンジニアが直接ご相談を承ります。*1

    また、今まで弊社とお取引のなかった新規のお客様、過去3年間お取引のなかった準新規のお客様には、無料個別相談会にお越し頂いた特典としまして、弊社のレーザー/LED光安全評価サービスを期間限定で特別優待価格にて提供致します。

    *1 今回の無料個別相談会では、今まで弊社とお取引のなかった新規のお客様や、過去3年間お取引のなかった準新規のお客様のご相談を優先させていただきます。

    以下のような相談内容も大歓迎です
    ・レーザー安全というキーワードを耳にしたことはあるが、どのようなものかが分からない。
    ・レーザー製品を初めて輸出するにあたり、気をつけるべき点を知りたい。
    ・開発中の製品がレーザー安全規格に適合した設計となっているかを相談したい。
    ・米国に輸出する際に要求されるFDAの手続きや要求について知りたい。
    ・レーザー安全規格の要求事項(試験項目や表示要求など)に関する不明点を確認したい。
    ・LED/ランプのリスクグループについて知りたい。
    ・ULが提供しているサービス、概算費用、所要期間、必要資料/サンプル等を知りたい。
    ・UL以外の試験所を使ってきたが、試験可能な他の試験所を探している。

    ■主な対応レーザー/LED光安全規格
    国際規格:IEC 60825-1 (及び欧州規格:EN 60825-1)
    国内規格:JIS C 6802
    米国連邦規制:21CFR Part 1040
     国際規格 : IEC 62471 (及び欧州規格:EN 62471)

    参加費: 無料
    定員: 4社/1日
    お問合せ先: 株式会社UL Japan
    E-mail: CTECH.Marketing.GA@ul.com
    URL: https://connect.ul.com/OR_201807_Register.html
  • セミナー seminar
    第24回 結晶工学スクール
    会期: 2018年7月31日(火)~ 8月2日(木)
    会場: 農工大小金井キャンパス,小金井市,東京
    お問合せ先: 応用物理学会事務局 分科会担当
    TEL: 03-3828-7723
    URL: https://annex.jsap.or.jp/kessho/contents/2018/school180731.html
  • セミナー seminar
    平成30年度 自動車・モビリティフォトニクス研究会 第2回討論会
    会期: 2018年8月1日(水)13:00~18:30
    会場: コープイン京都 202号室(地下鉄四条駅徒歩5分)
    主催: (一財)光産業技術振興協会 自動車・モビリティフォトニクス研究会

    「自動運転HMIおよび照明・レーザ応用」
    【講演】
    ■自動運転・運転支援のヒューマンファクター
    北﨑 智之(産業技術総合研究所)
    ■自動車ライティングの将来
    千々松 良(本田技術研究所)
    ■車載用LEDの進化(仮)
    坂東 完治(日亜化学工業)
    ■フォトニック結晶レーザと自動車への応用の可能性(仮)
    Menaka DE ZOYSA(京都大学)
    □交流会(無料)

    参加費: 第2回討論会の参加は、会員のみとさせていただきます。
    (年度途中からの入会は年間参加費を減額します。詳細は下記お問い合わせ先まで)
    お問合せ先: (一財)光産業技術振興協会 中野 博行
    TEL: 03-5225-6431
    FAX: 03-5225-6435
    E-mail: amstudy@oitda.or.jp
    URL: http://www.oitda.or.jp/main/study/am/amstudy.html
  • ワークショップ Workshop
    マルチタップCMOSイメージセンサ応用ワークショップ─TOF,フォトメトリックステレオ,蛍光・拡散光生体イメージング─
    会期: 2018年8月3日(金)13:00~17:00
    会場: 静岡大学 浜松キャンパスS-Port 3階大会議室(静岡県浜松市)
    主催: 光創起イノベーション研究拠点(iPERC)

    【技術紹介】
    ▼静岡大学におけるマルチタップCMOSイメージセンサ開発動向 川人祥二(静大)
    ▼ブルックマンテクノロジのTOF評価キット紹介 磯部圭吾(ブルックマンテクノロジ)
    ▼デモ
    【応用事例紹介】
    ▼TOF距離イメージング 安富啓太(静大)
    ▼蛍光寿命イメージング 白川雄也(静大)
    ▼動的フォトメトリックステレオ 長原一(阪大)
    ▼拡散光生体イメージング 香川景一郎(静大)
    【研究室見学】
    ▼デモおよび川人研究室見学

    参加費: 無料(ただし事前登録が必要)
    お問合せ先: 静岡大学 香川景一郎
    URL: http://www.idl.rie.shizuoka.ac.jp/info/info/pdf/WS2018.pdf
  • 展示会 Exhibition
    JASIS 2018
    会期: 2018年9月5日(水)~7日(金)
    会場: 幕張メッセ国際展示場,美浜区,千葉
    お問合せ先: 事務局
    TEL: 03-3292-0642
    FAX: 03-3292-7157
    URL: https://www.jasis.jp/
  • セミナー seminar
    第149回微小光学研究会「認識・認証の微小光学」
    会期: 2018年9月5日(水)10:00~17:20
    会場: 日本女子大学 新泉山館
    主催: 応用物理学会 微小光学研究会

    認識と認証は、AIには欠かせない重要技術である。そこでは、レーザー光の投射、光センサー、イメージ撮影、認識・認証処理など、広範な微小光学の技術が使われている。
    深層学習を含む基礎から最先端技術までを展望する。

    1. 【基調講演】ディープラーニング: 基礎から最近のトレンドまで 岡谷貴之(東北大)
    2. Deep Learningを用いた外観検査 久保田進也(シーイーシー)
    3. 角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識 高松淳(奈良先端大)
    4. 【特別講演】自動運転センシング技術 野辺継男(インテル)
    5. VCSELによる3Dセンシング:ソリッドステートLiDARと顔認証用近接センサー用光源の開発
     小山二三夫,顧暁冬(東工大)
    6. 人の奥行き知覚と車載測距装置の特性比較 桑山哲郎(元キヤノン)
    7. マイクロ生体認証:微小生体特徴を利用したユーザ認証 西垣正勝(静岡大)
    8. LEDと回折光学素子で構成する静脈認証向け小型照明光学系 前田智司(富士通研)
    9. 物体指紋認証による個体識別 石山塁(NEC)
    10. 光相関によるクロスドメイン画像検索システム 渡邉恵理子(電通大)

    参加費: 一般 5,000円、学生・シニア 2,000円
    お問合せ先: 山下電装(株) 森 伸芳
    E-mail: mori@yamashitadenso.co.jp
    URL: http://www.comemoc.com/
    備考: 参加申し込みは下記ウエッブサイトから http://www.comemoc.com/
  • セミナー seminar
    第36回 レーザセンシングシンポジウム(LSS36)
    会期: 2018年9月6日(木),7日(金)
    会場: 茨城県立県民文化センター(茨城県水戸市)
    主催: レーザセンシング学会

    【レーザセンシングセミナー】
    ▼ライダーのハードウェア基礎講座 阿保真(首都大学東京)
    ※その他のプログラムは企画中

    参加費: 一般:5,000円
    学生2,000円
    お問合せ先: 第36回レーザセンシングシンポジウム実行委員会
    TEL: 029-850-2489
    FAX: 029-850-2579
    URL: http://laser-sensing.jp/lss36/
  • セミナー seminar
    第79回 応用物理学会秋季学術講演会
    会期: 2018年9月18日(火)~21日(金)
    会場: 名古屋国際会議場,熱田区,名古屋
    お問合せ先: 応用物理学会
    TEL: 03-3828-7724
    FAX: 03-3823-1810
    URL: https://meeting.jsap.or.jp/
  • 展示会 Exhibition
    MEMSセンシング&ネットワークシステム展2018
    会期: 2018/10/17(水)~19(金)
    会場: 幕張メッセ
    主催: 一般財団法人マイクロマシンセンター / 技術研究組合NMEMS技術研究機構 / 株式会社JTBコミュニケーションデザイン

    IoTビジネスを加速するセンシング×ネットワークの最新テクノロジーが一堂に!

    車載・自動運転、ビッグデータ、AI、ロボット、健康・医療、環境・エネルギーの分野にわたり、次世代センサーに向けた要素技術が集結します。産学官・異分野融合のマッチングを加速させ、研究・開発/製造・設計者との質の高い商談を実現します。

    ◆MEMS ・微細加工に特化した専門性の高い商談が実現します
    ◆IoTをはじめ自動車、エレクトロニクス、健康・医療、食品、農業、航空、宇宙まで、あらゆる産業分野にPRできます
    ◆3同時開催展や、併催セミナー・カンファレンスを通じて、業界動向や技術動向の情報収集の場として最適です

    <同時開催展>
    Imaging Japan 2018
    InterOpto 2018
    LED Japan 2018
    CEATEC JAPAN 2018

    お問合せ先: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン 
    E-mail: mems@jtbcom.co.jp
    URL: http://www.mems-sensing-network.com/index.html
  • 展示会 Exhibition
    LED Japan 2018 ~深紫外(DUV)市場・LED応用技術展~
    会期: 2018/10/17(水)~19(金)
    会場: 幕張メッセ
    主催: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン

    LED応用の最先端技術・製品をテーマにしたLEDの設計製造展です。

    現在、流水殺菌、医療、分析、硬化等、幅広い分野での活躍が期待され、急成長している深紫外(DUV)にフォーカス。
    そして、IoTやスマートホーム、セキュリティのキーワードをテーマに注目されている赤外光LEDに関する製品・技術をテーマの1つにしています。

    LEDはその多彩な特性から、全体市場の中で照明産業のみならず、通信、樹脂硬化、センシング、殺菌等、新しいアプリケーション開発が大きな展開(進展)を見せています。

    各産業分野から熱い注目を浴びる本展示会を、貴社製品・技術のマッチングの場、技術相談の場として是非ご活用ください。

    <同時開催展>
    InterOpto 2018
    Imaging Japan 2018
    MEMSセンシング&ネットワークシステム展 2018
    CEATEC JAPAN 2018

    お問合せ先: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    E-mail: all_about_photonics@jtbcom.co.jp
    URL: http://www.optojapan.jp/index.html
  • 展示会 Exhibition
    <初開催> Imaging Japan 2018 ~画像処理・センシング技術展~
    会期: 2018/10/17(水)~19(金)
    会場: 幕張メッセ
    主催: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン

    撮影・撮像、画像処理、画像センシング、ディスプレイ・投影に関する技術と製品をテーマにした最先端のイメージング技術が集結する展示会がスタートします。

    イメージングはもはや静止画、動画のための技術にとどまりません。自動運転に代表される自動車分野でのLiDARアプリケーションや、Ai、ディープラーニングとも連動した高度なセンサ・ネットワークで画像認識などのイメージング技術が活用されています。

    撮影・撮像技術と同時にディスプレイ技術も進化を遂げ、ヘッドアップディスプレイや3D投影、さらにはVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの知覚認知メカニズムが大きな注目を集めています。

    市場範囲はきわめて広く、スマートフォンによる認証やセンシングなどコンシューマ市場から、セキュリティ・システムや交通監視システム、産業用マシンビジョン、ドローン、医療用イメージングなど社会インフラ、産業・医療市場、そして液晶、有機EL、レーザなどを駆使したディスプレイや投影技術まで。イメージング技術は次世代産業を牽引する存在になっています。

    このような背景を受け、InterOpto、LED Japan、そして同時開催展CEATEC JAPANとの繋がりも深い撮像、画像処理、ディスプレイや投影、センシング・アプリケーションに関する最先端の技術・製品のビジネス商談の場として「Imaging Japan 2018 ~画像処理・センシング技術展~」を開催いたします。

    光工学、エレクトロニクス、システムからデバイスまで。これからの10年、20年のイメージング・ビジネスを見つける場所。それが「Imaging Japan」です。

    <同時開催展>
    InterOpto 2018
    LED Japan 2018
    MEMSセンシング&ネットワークシステム展 2018
    CEATEC JAPAN 2018

    お問合せ先: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    TEL: 03-5657-0769
    E-mail: all_about_photonics@jtbcom.co.jp
    URL: http://www.optojapan.jp/index.html
  • 展示会 Exhibition
    InterOpto 2018 ~光デバイス・レーザ技術総合展~
    会期: 2018/10/17(水)~19(金)
    会場: 幕張メッセ
    主催: 光産業技術振興協会

    光の構成要素からシステムまで至るすべてを網羅し、研究用途から産業応用に至るまでの光デバイス・レーザー関連製品が一堂に会する技術総合展です。

    レーザ/光源・材料・光学部品・装置・産業用レーザーシステム、ツールや関連するサービス等、国内外の様々な技術に出会える機会を提供していきます。

    特に産業応用におけるレーザーは微細加工や3次元加工など、他の技術では限界があった様々な非金属材料の先端分野で、期待されている技術領域です。

    現在、スマートフォンなどの先端エレクトロニクスデバイス、ステントなどの医療デバイスから自動車、航空機に至るまで、あらゆる分野の加工にレーザは不可欠となっています。

    今後益々重要性を増す光技術を、各アプリケーション開発にどう活かしていくのか、具体的な応用例の展示やセミナーを用意し、参加される全ての方々にとって価値ある発見・マッチングの場にして参ります。

    <同時開催展>
    Imaging Japan 2018
    LED Japan 2018
    MEMSセンシング&ネットワークシステム展 2018
    CEATEC JAPAN 2018

    お問合せ先: 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    TEL: 03-5657-0769
    E-mail: all_about_photonics@jtbcom.co.jp
    URL: http://www.optojapan.jp/index.html
  • 展示会 Exhibition
    光とレーザーの科学技術フェア2018
    会期: 2018年11月13日(火)~15日(木)10:00~17:00
    会場: 科学技術館(東京・北の丸公園)
    主催: (株)オプトロニクス社

    ※光とレーザーの科学技術フェア2018は下記の6展と特設ゾーンで構成されます。
    ・赤外線フェア
    ・分光フェア
    ・光学薄膜フェア
    ・紫外線フェア
    ・レーザー科学技術フェア
    ・オプティクスフェア
    ・光・レーザー応用センサフェア<新設>
    ・レーザー照明・ディスプレイゾーン

    【併催イベント】
    ・第10回 光科学フォーラムサミット
    ・SPIE講演会「Defense & Sensing」
    ・ILT2018(レーザー技術総合研究所 平成29年度研究成果報告会)

    参加費: 無料
    お問合せ先: 展示事務局 (株)オプトロニクス社
    TEL: 03-3269-3550
    FAX: 03-5229-7253
    E-mail: event@optronics.co.jp
    URL: http://www.optronics.co.jp/fair/
  • セミナー seminar
    第34回 近赤外フォーラム
    会期: 2018年11月20日(火)~22日(木)
    会場: 北海道大学学術交流会館, 札幌市,北海道
    お問合せ先: 近赤外研究会事務局 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 非破壊計測ユニット内
    TEL: 029-838-8023
    URL: http://jcnirs.org/NIR2018/contact.html
1 / 11