光イベントカレンダー

セミナー

全112件中 1〜10件目を表示

  • セミナー seminar
    特定非営利法人光ファイバセンシング振興協会 『第10回シンポジウム』
    会期: 2018年11月1日(木)13:00~17:00
    会場: 東京大学・山上会館 2階 大会議室
    主催: 特定非営利活動法人 光ファイバセンシング振興協会

    —–プログラム—–

      13:00 主催者挨拶  中村健太郎 理事長

      13:15 基調講演:「社会インフラメンテナンスにおけるイノベーションを目指して」

     鹿島建設株式会社 プリンシパル・リサーチャー

    兼 機械部自動化施工推進室長 三浦 悟 様

    14:15 10周年記念講演「光ファイバセンシングの10年を振り返り将来を展望する」

    (元)古河電気工業株式会社 小川雅英 様

     横河電機株式会社      足立正二 様

    15:15 休憩及び併設「デモ機並びに実用センサ見学・体感コーナー」

    参加企業募集中

    16:05 企業からの発表「光ファイバセンシングの実践」

    企業1 (募集中)

    企業2 (募集中)

    16:45 協会からのお知らせ

    17:00 閉会

    17:30 技術交流会(名刺交換会)     フォーレスト本郷

     

     

    (*)プログラムは変更する場合があります。

    (*)展示は12:00からご覧になれます。

    参加費: 参加費(資料代込) :\2,000(学生:無料)(当日会場にて申し受けます) 技術交流会参加費 :\4,000(当日会場にて申し受けます)
    お問合せ先: 宇津野
    E-mail: utsuno@optronics.co.jp
    備考: ※ 参加申し込み事前登録は当協会ホームページ( http://www.phosc.jp/ )にて受 け付けています。
  • セミナー seminar
    LAMP2019 (第8回レーザ先端材料加工国際会議)
    会期: 2019年5月21日(火)~24日(金)
    会場: 広島国際会議場(〒730-0811広島県広島市中区中島町1-5)
    主催: 一般社団法人レーザ加工学会

    LAMP2019は,第20回レーザ精密微細加工国際シンポジウム (LPM2019), 第8回高出力レーザ加工国際シンポジウム (HPL2019) より構成され, 4日間の日程で, マイクロ・ナノ加工, マクロ加工における基礎科学から産業応用までを広く議論する国際会議です。

    当該分野の基礎研究者, エンドユーザー, レーザマニュファクチャーが一堂に会し, レーザと材料の相互作用の基礎科学からレーザ加工技術の現状, 次世代のレーザ加工のトピックスまでをカバーします。この会議を通して, レーザ加工を支える科学基盤を確立することはもとより, レーザ加工技術の実用化を制限する要因, それを克服するために必要な科学技術, 将来市場の予測などが明確になることを期待します。

    多くの皆様のご参加ご来場をお待ち申し上げております。

    お問合せ先: 一般社団法人レーザ加工学会 LAMP2019事務局
    TEL: 06-6879-8642
    E-mail: lamp2019@jlps.gr.jp
    URL: http://www.jlps.gr.jp/lamp/lamp2019
  • セミナー seminar
    短&超短パルス・レーザー微細加工セミナー~すべての方に,クリアなイメージをお届けします~
    会期: 2018年9月27日(木)10:00~16:00
    会場: 主婦会館プラザエフ3階コスモス(東京都千代田区)
    主催: 月刊OPTRONICS

    レーザー加工は,科学技術である。従来的なレーザー加工は技術レベルがさほど高度ではなかったので,試行錯誤的なアプローチが通用していた。しかし,短パルス・レーザー加工,特に超短パルス・レーザー加工は、高度で先進的な科学技術である。これまでの試行錯誤的アプローチでは歯が立たない。本セミナーでは、短&超短パルス・レーザーによる材料除去微細加工を、その本質に遡って解説する。

    講演概要:材料(金属、ガラス、樹脂)。金属結合,共有結合。結合が解かれるということ。材料と光の相互作用(光吸収,発光,非輻射遷移,多光子吸収,多光子イオン化,光誘起欠陥生成)。レーザー発振(反転分布(負の温度),光増幅)。短&超短パルス化(Qスイッチ,モードロック)。熱過程とアブレーション過程(物質の三態,凝集エネルギー,熱除去加工,アブレーション除去加工)。

    講師:実用技術研究室 松岡芳彦

    参加費: 【早期割引価格:9月18日まで】一般:33,000円,月刊OPTRONICS定期購読者:31,000円,月刊OPTRONICS定期購読者:31,000円+17,000円,がんばれ光技術シニアクラブ会員:17,000円(早割期限なし),学生:5,000円(早割期限無し)。
    定員: 50名
    お問合せ先: オプトロニクス社 加納
    TEL: 03-3269-3550
    E-mail: seminar@optronics.co.jp
    URL: https://www.optronics.co.jp/seminar/bisaikako_06.php
  • セミナー seminar
    特別講演会 量子計算利用シリーズ第2回「量子ハードウェアのビジネス利用」
    会期: 2018年10月10日(水)13:30~17:00
    会場: 日本化学会 化学会館6階601会議室(東京都千代田区)
    主催: 未踏科学技術研究会

    ▼量子コンピュータ技術:基礎と最新研究開発動向 川畑史郎(産総研)

    ▼IBM Qネットワークハブにおける量子コンピュータ研究の産学連携 山本直樹(慶大)

    ▼D-Wave Systems社の量子アニーリングマシンを利用したビジネス展開の可能性とその取り組み(仮) 大関真之(東北大)

    参加費: 会員:6,000円,準会員:7,500円,一般:10,000円,懇親会費:4,200円
    定員: 60名
    お問合せ先: 未踏科学技術協会
    TEL: 03-3503-4681
    FAX: 03-3597-0535
    E-mail: mitoh-sws2018@sntt.or.jp
    URL: http://www.sntt.or.jp/allsws/index_181010.php
  • セミナー seminar
    SEMICON JAPAN2018
    会期: 2018年12月12日(水)~14日(金)10:00~17:00
    会場: 東京ビッグサイト(江東区,東京)
    主催: SEMI

    SEMICON JAPAN2018

    お問合せ先: SEMIジャパン
    TEL: 03-3222-5988
    E-mail: jcustomer@semi.org
    URL: http://www.semiconjapan.org/
  • セミナー seminar
    第90回レーザ加工学会講演会
    会期: 2018年12月10日(月),11日(火)
    会場: 産総研臨海副都心センター(江東区,東京)
    主催: レーザ加工学会

    第90回レーザ加工学会講演会

    お問合せ先: レーザ加工学会
    TEL: 06-6879-8642
    FAX: 06-6879-8642
    URL: http://www.jlps.gr.jp/
  • セミナー seminar
    国際航空宇宙展2018
    会期: 2018年11月28日(水)~30日(金)
    会場: 東京ビッグサイト(江東区,東京)
    主催: 一般社団法人日本航空宇宙工業会/ 株式会社東京ビッグサイト

    国際航空宇宙展2018

    お問合せ先: 国際航空宇宙展事務局
    TEL: 03-3585-1641
    FAX: 03-3585-0541
    E-mail: sjac-ja@sjac.or.jp
    URL: http://www.japanaerospace.jp/jp/index.html
  • セミナー seminar
    第34回近赤外フォーラム
    会期: 2018年11月20日(火)~22日(木)
    会場: 北大学術交流会館(北区,札幌)
    主催: 近赤外研究会

    近赤外分光法に関する基礎理論、応用研究、装置開発、または解析法(ケモメトリックス)などに関する研究討論および機器展示。

    お問合せ先: 近赤外研究会事務局
    TEL: 029-838-8023
    FAX: 029-838-7996
    E-mail: office@jcnirs.org
    URL: http://jcnirs.org/NIR2018/index.html
  • セミナー seminar
    日本希土類学会第36回講演会
    会期: 2018年11月7日(水)13:30~
    会場: 両国ビューホテル(墨田区,東京)
    主催: 日本希土類学会

    1.「希土類分野における国際標準化活動の現況と課題について」(新金属協会) 織山 純 氏 

    2.「レーザー加工機用ファラデー回転子と高輝度白色光源用単結晶蛍光体の開発」(物質・材料研究機構) 島村 清史 氏

    3.「レアアースの市場動向および今後の課題」(双日株式会社) 左藤 富士紀 氏

    参加費: ・日本希土類学会  個人会員:1,000円   学生会員:無料   維持会員:無料 ・共催協賛学協会会員:7,000円 ・学生(学会員外):3,000円 ・その他:10,000円
    お問合せ先: 日本希土類学会事務局
    TEL: 06-6879-7352
    FAX: 06-6879-7354
    E-mail: kidorui@chem.eng.osaka-u.ac.jp
    URL: http://www.kidorui.org/lecture.html
  • セミナー seminar
    第9回マイクロ・ナノ工学シンポジウム
    会期: 2018年10月30日(火)~11月1日(木)
    会場: 札幌市民交流プラザ(中央区,札幌)
    主催: 日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門

    マイクロ・ナノ工学部門では、マイクロ・ナノメートルの領域における工学・理学に機械工学がさらなる主体的貢献を行うことを目的とし、部門大会として「第9回マイクロ・ ナノ工学シンポジウム」を開催いたします。

    第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウムでは140件以上の発表があり、同時開催となる電気学会センサ・マイクロマシン部門主催第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム、応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催第9回「集積化MEMSシンポジウム」、ならびにエレクトロニクス実装学会および電子情報通信学会との連携セッションと併せ、総計460件の発表、777名の研究者・技術者が参加しました。マイクロ・ナノ工学シンポジウムに参加登録されますと、これらの同時開催シンポジウム、セッションの講演、行事に参加できます。

    本年度から、化学とマイクロ・ナノシステム学会主催 第38回研究会が加わり、さらなる分野の活性化が期待されます。昨年度から一般講演を全てポスター発表としました。これにより、マイクロ・ナノ工学部門はもちろん、他学会、他分野の研究者・技術者とのより一層密な交流ができる場となっております。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

    お問合せ先: 実行委員会事務局
    E-mail: kumagai@jsme.or.jp
    URL: http://www.hybrid.iis.u-tokyo.ac.jp/mnm2018/
1 / 1212345...10...最後 »