旭硝子,米の電極形成技術企業に出資

旭硝子は,超薄板ガラスを用いた次世代半導体の実現に向け,電極形成技術開発を進める米Triton Microtechnologies社に対し,総額210万ドルの投資を実施した。旭硝子の微細穴開け加工技術をはじめとした超薄板ガラス関連技術と,Triton社の電極形成技術を組み合わせることで,ガラスを活用した次世代半導体開発を加速する。

Triton社は微細穴への独自の金属電極形成技術を保有しており,この技術により,次世代半導体チップとプリント基板を接続する中継基板(ガラスインターポーザー)の実用化が可能になる。この電極形成技術は,銅ペーストで穴埋めを行なう方式で,生産効率の高い連続プロセスを採用できることが特長。また,熱膨張率をガラスに合わせた銅ペーストの利用によって,電極の品質向上にも貢献できる。

1

詳しくはこちら。

 

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日