国立精神・神経医療研究センター、脳内の神経伝達を増強する新たな分子を発見

国立精神・神経医療研究センター神経研究所の神経薬理研究部部長 木村英雄氏らのグループは、脳内で硫化水素(H2S)から生成されるポリサルファイド(H2Sn)がシナプスによる神経伝達を活性化させている仕組みを明らかにするとともに、ポリサルファイドが神経伝達を増強させる新たな分子であることを発見した。

130311bunshiken1

木村らは、脳内で硫化水素が結合してポリサルファイド(H2Sn)(n = 2~7)が生成され、H2Snがアストロサイトへのカルシウムイオン流入を誘導することで、アストロサイトがグルタミン酸やATPといった化学物質をシナプスに向けて放出し、神経伝達を増強するという仕組みを明らかにした。

また、ポリサルファイドには硫化水素の300倍以上強力なアストロサイト活性化作用を持つことも分かり、神経伝達を増強するに十分量のポリサルファイドが脳内に存在することも分かった。さらには、ポリサルファイドがアストロサイトへのカルシウムイオンチャネル(TRPA1チャネル)に働きかける物質(内在性リガンド)である可能性が高いことも分かった。

今回の研究で、硫化水素がつながったポリサルファイド(H2Sn)が脳内の神経伝達を増強している新たな分子であることを明らかにした。

詳しくはこちら

新着記事

  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 岐阜大,CO2ガスで自己修復するポリマーを開発 2019年04月24日