国立遺伝学研究所、無菌化ノリのゲノム情報解読に成功

国立遺伝学研究所は、世界で初めて、共在細菌等の混入DNAを除去した純度の高いゲノム情報を追加整備し、国立遺伝学研究所・九州大学と共同して合計約4300万塩基対のDNA配列に集約することに成功した。

20130313iden1

スザビノリがコンパクトなゲノム構造を持つことが明らかになり、世界初の共在菌を除いた植物のゲノム解読であり、学術的にも価値が高いもの。この情報の活用により、紅藻類のモデルゲノムとしての学術研究がさらに加速し、優良品種の作製や品種識別手法の開発につながるものと期待される。

詳しくはこちら

新着記事

  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 岐阜大,CO2ガスで自己修復するポリマーを開発 2019年04月24日