京大、固体高分子形燃料電池触媒の酸素還元活性を決定している因子を解明

京都大学人間・環境学研究科教授の内本喜晴氏、助教の折笠有基氏、特定研究員の王小明氏らの研究グループは、千葉大学、石福金属興業と共同で、触媒の表面のみに白金を用いたコアシェル触媒の電極活性を決めている因子を初めて解明した。

130412kyoudai

今回、単結晶を用いたモデル系を使って新しい解析手法を確立し、白金-白金の原子間距離が、酸素還元活性を支配していることを明らかにしたもの。この成果は、燃料電池自動車や家庭用コジェネレーションシステム「エネファーム」に用いられている固体高分子形燃料電池の触媒開発へ適用され、白金使用量を劇的に低減した高性能触媒を実現し、燃料電池の本格普及が加速すると期待される。

詳しくはこちら

新着記事

  • 【OPIE’19】「オンリーワン」技術を見に行こう 2019年04月25日
  • コニカミノルタ,パイオニアと有機EL照明事業を解消 2019年04月25日
  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日