日立ハイテク,分析装置事業を日立サイエンスに移管

日立ハイテクノロジーズは,分析装置事業の最適事業運営体制の構築を目的として,10月1日付けで,同社の分析装置事業の設計および国内販売機能を,簡易吸収分割により日立ハイテクサイエンスに統合する。

この統合により,同社が保有する分光分析,液体クロマトグラフ等の分析装置事業と,平成25年1月に同社グループ会社となった日立ハイテクサイエンスの保有する熱分析,蛍光X線分析等の分析装置事業とのシナジー効果の早期最大化を図り,分析装置事業の最適事業運営体制を構築する。

詳しくはこちら。

 

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日