【科学技術フェア】紫光技研,チューブ型紫外線光源を出展

チューブ型紫外線光源

紫光技研は,放電発光するチューブ型紫外線光源を2015年11月19日まで開催している光とレーザーの科学技術フェアで出展した。

出展している紫外線光源は幅2mmのチューブを平面に複数並べたもので,チューブ内に含有する紫外蛍光体に電圧を印加し励起させることで紫外光を出力する。

この技術はチューブ状プラズマディスプレーを展開していた篠田プラズマからライセンスを受けて開発しているもので,大面積の発光デバイスの作製を可能にする。

対応波長は200nmの深紫外域から可視光まで幅広く,用途やユーザのニーズに応じてカスタマイズするとしている。例えば,異なる波長を出力する発光デバイスを作製することもできるとしている。

新着記事

  • 【訃報】宮崎大学名誉教授の黒澤宏氏死去 2019年04月22日
  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日