東北大ら,マルチフェロイック物質の光制御に成功

東北大学,大阪大学,スイス連邦工科大学チューリッヒ校は,新たな多機能電子素材として期待される「マルチフェロイック物質」において,機能創出の鍵を握る「らせん電子スピン配列」を,光により直接かつ可逆的に制御することに世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

近年,物質中で電気と磁気の性質を兼ね備えたマルチフェロイック物質が,物質科学における基礎・応用の両面から注目を集めている。

これらにおいては,画期的な機能を持った電気磁気デバイスや,新しい原理の光エレクトロニクス機能など,従来の科学技術ではなし得なかった新機能の創出が期待されている。そして,らせん型の電子スピン配列が,このような画期的な機能創出の鍵を握るとされている。

研究グループは,第二高調波発生を用いた光学的手法により,TbMnO3におけるらせん電子スピン配列を実空間で可視化することに成功しており,今回,この手法を応用した。

その結果,マルチフェロイック物質TbMnO3に現れるらせん電子スピン配列を,光により直接制御することに世界で初めて成功した。

さらに,波長の異なる光を照射することで,鏡像関係にある2種類のらせんスピン配列を可逆的にスイッチングできることを発見した。

これらの成果は,次世代のデバイス材料として期待されるマルチフェロイック物質の新しい制御手法を提供するだけでなく,将来における光科学・磁気科学・物質科学の融合的発展に新たな道を拓くものだとしている。

関連記事「NIMS,室温動作のマルチフェロイック薄膜を開発」「東北大ら,マルチフェロイック物質の制御手法を実証」「東大ら,マルチフェロイック物質におけるスピン・ネマティック相互作用の観測に成功

その他関連ニュース

  • 阪大ら,磁性分子中の電子スピン状態の解析法を開発 2017年09月21日
  • JASRIら,パルスレーザーで巨大な磁気の波を発生 2017年09月13日
  • 慶大ら,音波によるスピン流の発生に成功 2017年08月22日
  • 阪大ら,Ge素子で室温でのスピン流伝導を実証 2017年08月07日
  • 東大,有機半導体の電荷とスピンの緩和機構を解明 2017年08月03日
  • 東大,キタエフスピン液体の可能性を裏付け 2017年08月01日
  • 産総研ら,スピントロニクス人工ニューロンを開発 2017年07月28日
  • 東北大ら,マグノン旋光性を示す磁性体を発見 2017年07月26日