【CEATEC】ローム,超小型テラヘルツ発振・検出チップを開発

ロームはテラヘルツ帯で連続発振が可能な共鳴トンネルダイオード(RTD)を開発。IT・エレクトロニクス総合展示会CEATECにて,5.6mm-CANパッケージのテラヘルツ発振・検出デバイスとして試作品を展示した。

これはRTDが持つ負性抵抗によって電磁波強度を増幅し,テラヘルツを発振するもので,東京工業大学教授の浅田雅洋氏との共同研究による。

チップが0.5mm角と超小型なため,従来のレーザーや周波数逓倍器を用いたテラヘルツ光源よりも格段(体積1/1,000,消費電力1/3,000:一般的なテラヘルツ光源との比較)に小型化することに成功した。0.25~0.4THzの間の任意の波長で設計することが可能。出力は20μWと従来の光源の1/5程度だが,小型な分アレイ化することで補うことも可能となっている。

既に量産化の目途は付いており,近いうちに製品化に踏み切る。価格は未定だが,従来の数百万円という価格帯から数段安くなることが期待できる。

その他関連ニュース

  • NTTら,テラヘルツ周波数帯無線向け超高速ICを開発 2018年06月12日
  • パイオニア,テラヘルツで中世絵画を調査 2018年06月05日
  • 紫光技研,効率4倍のプラズマ深紫外光源をOPIEで展示 2018年04月23日
  • 岡山大,テラヘルツで超極微量液体のpH計測に成功 2018年03月27日
  • NICTら,テラヘルツ帯の精密な高周波電力測定に成功 2018年03月14日
  • 阪大,超高感度テラヘルツ波バイオセンサーチップを開発 2018年03月09日
  • 京大ら,円偏光テラヘルツ波発生に成功 2018年01月09日
  • 東工大ら,テラヘルツを可視光に変換する物質を発見 2017年11月14日