京大,特定の向きに整列する超伝導状態を発見

京都大学の研究チームは,銅を挿入したビスマス-セレン化合物超伝導物質において,超伝導ペアたち自らが特別な方向を創出し,特定の方向でペアを組む強さが弱くなっていることを明らかにした(ニュースリリース)。

「自発的対称性の破れ」とは,ある系が,背後に持つ法則としては対称性を持つにもかかわらず,実現する状態が対称性を破ることであり,物理学全般において極めて重要な概念。超伝導は,超伝導物質内で電子2個ずつがペアを作ることで引き起こされるが,この現象も対称性の破れと密接にかかわっている。

特に,超伝導物質が超伝導状態になるときにどのような対称性の破れを伴うのかが活発に研究されてきた。しかし,超伝導ペアを組む強さが方向によって変化するような「回転対称性の破れた超伝導」はこれまでに見つかっていなかった。

液晶においては,分子同士が流動性を持ちながらある方向に整列することで回転対称性が破れるネマティック状態が起こる。回転対称性を破った超伝導では超伝導ペアが流動性を持ちながら回転対称性を破るため,液晶ネマティック状態と類似している。このことから,回転対称性の破れた超伝導は「ネマティック超伝導」と近年呼ばれるようになった。

ネマティック超伝導はこれまでにない対称性破れを伴った新しい種類の超伝導であり,その発見は,生物学での新種の発見や,素粒子物理学での新しい粒子の発見にも相当する。この数年,このようなネマティック超伝導は実在するのか,また実現した場合にどのような性質を持つのかが,研究者の間で注目されていた。

研究グループは,ビスマス-セレン化合物Bi2Se3の結晶中に銅イオンを挿入したCuxBi2Se3という物質の単結晶試料を用い,超伝導ペアの結合の強さと関係する比熱(物体に熱を一定量加えた時にどの程度温度が上昇するかを表す物理量)を,磁場方向を精密に制御しながら測定した。

その結果,銅を挿入したビスマス-セレン化合物超伝導物質において,超伝導ペアたちが特定の方向でペアを組む強さが弱くなるように自発的に整列していることを明らかにした。

この「ネマティック超伝導」と呼ばれる現象の実現が確かめられたのは超伝導研究の100年超の歴史において初めてであり,超伝導の基礎・応用両面で非常に重要な一歩だとしている。

その他関連ニュース

  • 市大ら,量子乱流のユニークな構造を発見 2018年04月11日
  • 東大ら,2次元超伝導体の新規電子相を発見 2018年02月27日
  • 名大ら,超電導になる準結晶を発見 2018年02月22日
  • 産総研ら,超伝導検出器の画素数増大技術を開発 2018年02月02日
  • 理研ら,広温度/磁場領域での超電導接合技術を開発 2017年12月20日
  • NICT,窒化ニオブによる磁性ジョセフソン素子を開発 2017年11月17日
  • 理研ら,スピンが偏った超伝導状態を検証 2017年10月18日
  • 東工大,酸化チタンに超電導の発現を発見 2017年10月04日