テクノス,ドローン搭載用小型外観検査装置を開発


テクノスは,同社の産業用自動外観検査システム「超高精度ニューロ視覚センサー」の重量を従来の106.5kgから1.9kgへと大幅に小型軽量化し,小型無人機「ドローン」に搭載し,インフラ構造物の老朽化などを点検する用途の需要開拓を行なう(ニュースリリース)。

持ち運びが容易になったことで,航空機や自動車のキズや色ムラの検査,道路や外壁の傷み具合の検査など屋外の幅広い用途を見込む。価格は最小構成1000万円から仕様により2000万~3000万円台。初年度30台の販売を計画する。

この超高精度視覚センサーは,人間の視覚機能を電子回路化し,人間が24cmまで近づいてやっと見える50マイクロメートル(0.05mm)角の点を,2m離れて1.4mの視野幅の中から瞬時に見つけることができる。0.05mm角の点の検知は毎分30mの速度に対応,0.5mm角の点であれば視野幅が14mに広がり,毎分300mの速さでも検知できる。

これまではアルミを削りだして穴あけをし,レンズや基板を取り付けるなど耐久性を重視し,解析システムによる画像データ保存も無制限に蓄積できたが,これを樹脂に置き換えて軽量化したうえ,画像データ保存も80分間に短縮して大幅な小型軽量化を実現した。

政府が2015年12月,国家戦略特区の規制緩和によってドローンによるアプリケーションが活発化すると見込まれている。広島県が10月11日に棟梨ダム(東広島市)で実施した実証実験では,ドローンに同社のカメラ,コントローラーを搭載し,高精度の画像が撮影できることを確認したとする。

同社の自動外観検査システムは世界14カ国で特許を取得し,国内外の鉄鋼,自動車,半導体,フィルムなど広く採用されている。人間の目の100倍以上の精度で色ムラを検知するほか,微細欠陥を実用精度で視野幅1/28000で検出できるので,現在市場にある高精度4Kカメラ(CCD固体撮像素子)の28台分の検出性能(視野幅精度)を誇るという。

今回,大幅な小型軽量化を実現できたことで,機動的に屋外で遠方から異常を見つけることが可能になり,安全・安心・快適な社会の実現に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • ドコモら,動画による「橋梁劣化推定AI」開発 2019年12月09日
  • 三菱電機ら,土木インフラ計画の作成支援技術を開発 2019年12月04日
  • キヤノン,インフラ構造物点検事業に参入 2019年11月20日
  • リコー,トンネル点検システムがNETISに登録 2019年11月14日
  • IDS,AF機能付ボードレベル・カメラを発売 2019年11月11日
  • 東芝,ドローンによるプラント点検技術を開発 2019年10月29日
  • JAXAとリコー,宇宙船外の全天球映像を公開 2019年10月18日
  • 北大ら,衛星カメラで有色溶存有機物を観測 2019年10月03日