富士通,フィンランドに植物工場による農産企業を設立

富士通と富士通九州システムズ(FJQS)は,フィンランドで農作物の生産販売を行なうRobbe’s Little Garden(Robbe’s)との共同出資により,農業ICTシステムを導入した植物工場を活用し,農作物の生産・販売を行なう新会社「Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oy(FGTF)」をフィンランドで設立し,11月17日に事業を開始した(ニュースリリース)。

富士通の食・農業分野向けクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド「Akisai」や,LEDを用いた完全人工光,多段式栽培棚,フルオートメーションなど最新技術を導入した植物工場を活用し,2017年度上期より本格生産を開始する。

北欧地域では,冬季の日照時間が短く日差しも弱いために,その期間は農作物の生産が難しい。フィンランドでは,北欧特有の気候の影響を受けずに農作物の生産が可能な植物工場事業の支援に力を入れているが、自国の需要を満たす生産量には届いておらず,一部輸入に頼っている。特に葉物野菜は主に欧州南部で生産されているため,鮮度の低下が課題となっている。

今回,フィンランドにおける農作物の通年での安定生産・供給の実現に向け,富士通とFJQSは,フィンランドにおいて植物工場による農作物の生産・販売を行なう新会社FGTFを,Robbe’sとの共同出資で設立した。

新会社は,「Akisai」を構成する施設園芸向けクラウドサービス「施設園芸SaaS」や,ICT環境計測制御を実現する情報プラットフォームUECSを利用し,各種センサー情報の収集や生産施設内の機器制御を行うハードウェア,およびRobbe’sの生産技術を組み合わせて栽培する。

LEDを用いた完全人工光で作物を生育し,その生育状況に合わせて棚を自動で移動させる多段式栽培棚を活用した効率的な栽培を,空調などの設備の自動制御も含め全自動で行なうフルオートメーションの植物工場を実現する。

ベビーリーフやリーフレタスなどの葉物野菜を中心に,2017年度上期より本格生産を開始し,2017年内より出荷を開始するとともに,Robbe’sの販売網を活用してフィンランド市場向けにビジネスを展開していくとしている。さらに,「施設園芸SaaS」と多段式栽培棚,センサー,LEDなどの生産設備をパッケージとして商品化し,EU圏での展開を目指す。

その他関連ニュース

  • スタンレー,深紫外LEDの水浄化システムを展示 2017年10月11日
  • ローム,高速サンプリング脈波センサーを開発 2017年10月11日
  • 日本提案の蛍光体評価方法,国際規格として発行 2017年10月11日
  • 日機装,長寿命・高出力深紫外LEDを発売 2017年10月04日
  • 三菱ケミの植物工場野菜,優秀味覚賞を受賞 2017年10月03日
  • ウシオ,業界最高性能の印刷用LED乾燥装置を発売
    ウシオ,業界最高性能の印刷用LED乾燥装置を発売 2017年09月25日
  • 旭化成エレ,CO2センサー用LED/センサーを開発 2017年09月22日
  • スタンレー,ハイパワー赤外LEDを発売 2017年09月15日