ソニー,3D対応医療用ディスプレーを発売

ソニーは,高精度に奥行情報を認識できる3D映像の表示に対応した医療用4K液晶モニター「LMD-X550MT」(55型),「LMD-X310MT」(31型)を2017年1月10日に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

昨今の医療業界では,高い精度が求められる手術において,4K解像度の高精細な映像や,奥行情報を認識できる3D映像を活用することで,医療技術の更なる向上を目指したいという要望が高まっている。

新製品は,4K医療用モニターとして業界に先駆けて3D信号の表示に対応した。HD/3D映像を表示する場合,従来機に比べて最大4倍の解像度で再現できるため,より高精度な映像で手術をサポートする。

また,3D信号はさまざまな伝送方式に対応し,SDI(3G対応),DVI,HDMIの各種端子を装備している。これにより,幅広い3D出力機器と接続することが可能(サイドバイサイド,ラインバイライン,トップ&ボトムの各方式のほか,HD/3Dの場合はSDIデュアルストリームにも対応)。

3D映像の全画面表示に加えて,複数の表示パターンでの3D映像の表示が可能。子画面1画面でのピクチャーインピクチャー(PinP)表示時や,執刀医の対面位置に立つ医師に最適な180°回転3D表示にも対応する。また,術野映像を3Dでメインエリアに表示しつつ,参照画像をサブエリアに表示することも可能。

液晶画面と画面保護パネル間の空気層を樹脂で充填したソニー独自の「オプティコントラストパネル」構造を採用。空気層をなくすことで画面に当たる光の反射と拡散が低減されるため,光の乱反射による画像のゆがみやコントラスト感の低下を防ぎ,鮮明で視認性の高い映像を再現する。独自技術のA.I.M.E.(Advanced Image Multiple Enhancer)により,内視鏡や手術顕微鏡などからの映像の輪郭や色を調整することも可能で,3D映像にも対応する。

その他関連ニュース

  • JDI,HMD向け3.6型803ppiディスプレーを開発 2017年12月14日
  • JOLED,世界初となる印刷方式有機ELパネルを製品化 2017年12月06日
  • オリンパス,先端湾曲3D内視鏡を発売 2017年12月05日
  • 富士キメラ,ディスプレー関連部材市場を調査 2017年12月05日
  • 3D ロボットビジョンを巡る熾烈な開発競争 2017年11月30日
  • 2022年AMOLED世界市場,15億3,660万枚に 2017年11月24日
  • キヤノン,世界最小4Kレーザープロジェクターを発売 2017年11月13日
  • コニカミノルタ,高品位ディスプレー向けカラーアナライザー発売 2017年11月09日