ギガフォトン,アニール向けKrFエキシマレーザーを開発

ギガフォトンは,半導体リソグラフィ用エキシマレーザーを応用した,アニール向け新型KrFエキシマレーザーの開発に成功し,11月にはパネルメーカーの量産ラインにて評価を開始したと発表した(ニュースリリース)。

これは,新ブランド「GIGANEX」シリーズの一環となるもので,同社が創業以来培ったKrF技術を活かした製品。

このKrFエキシマレーザーは600Wの高出力仕様であり,大型パネルの高画質化への需要が高まる国内外のパネルメーカーからアニール用光源として大きな期待を寄せられているという。同社は,このKrFエキシマレーザーの量産機を2017年夏に出荷することを目指している。

その他関連ニュース

  • 日板の貫通穴加工,専用ガラス基板を使用 2018年01月19日
  • 古河グループ,溶接欠陥が少ない純銅のレーザー技術を開発 2017年12月22日
  • ディスコ,「KABRA」プロセスをフルオートメーション化 2017年12月11日
  • 次世代レーザー技術のNEDOプロ,新コンソーシアムを設立 2017年11月27日
  • ギガフォトン,エキシマレーザーをSK hynixに納入 2017年11月21日
  • 光波・ビーム制御によるレーザー加工セミナー,9月29日開催  2017年08月08日
  • 古河電工,高強度で安定的な銅のレーザー溶接を実現 2017年08月03日
  • 農工大,シリコン上にプラズモンポラリトン発生を観測 2017年07月24日