ギガフォトン,アニール向けKrFエキシマレーザーを開発

ギガフォトンは,半導体リソグラフィ用エキシマレーザーを応用した,アニール向け新型KrFエキシマレーザーの開発に成功し,11月にはパネルメーカーの量産ラインにて評価を開始したと発表した(ニュースリリース)。

これは,新ブランド「GIGANEX」シリーズの一環となるもので,同社が創業以来培ったKrF技術を活かした製品。

このKrFエキシマレーザーは600Wの高出力仕様であり,大型パネルの高画質化への需要が高まる国内外のパネルメーカーからアニール用光源として大きな期待を寄せられているという。同社は,このKrFエキシマレーザーの量産機を2017年夏に出荷することを目指している。

その他関連ニュース

  • 自動車産業を支える,コヒレント・ジャパンのレーザー加工技術
    自動車産業を支える,コヒレント・ジャパンのレーザー加工技術 2017年09月14日
  • 光波・ビーム制御によるレーザー加工セミナー,9月29日開催  2017年08月08日
  • 古河電工,高強度で安定的な銅のレーザー溶接を実現 2017年08月03日
  • 農工大,シリコン上にプラズモンポラリトン発生を観測 2017年07月24日
  • エンシュウ,トヨタにレーザークラッディング装置を納入 2017年07月12日
  • 森精機,SLM方式のレーザ金属積層造形機を発売 2017年06月21日
  • 産総研,高出力レーザーの精密パワー制御に成功 2017年06月14日
  • トヨタ,レーザー溶接で自動車技術会賞受賞 2017年05月25日