NEC,遠隔からの視線推定技術を開発

NECは,街中や店舗などの既存のカメラで,離れた場所からでも人の視線の方向をリアルタイムに検知できる「遠隔視線推定技術」を開発した(ニュースリリース)。

従来,視線の検知は,赤外線ライトとカメラが一体となった専用装置を用いて,近距離から赤外線ライトを目にあてその反射の方向により検知を行なっていた。

開発した技術は,顔認証技術の中核となる顔特徴点検出技術を用いて,視線検知に必要な目頭や目尻,瞳など目の周囲の特徴点を正確に特定することで,通常のカメラのみで上下左右5度以内の誤差となる高精度な視線方向の検知を実現したもの。

従来,カメラと対象者が数m離れた場所から視線検知を行なう場合,解像度が低くなるため,正確な視線検知が困難だった。今回開発した「遠隔視線推定技術」は,低解像度な画像の学習強化などを行なった顔特徴点検出技術を適用し,低解像度に強く明るさの変化にも対応可能とした。これにより,10m離れた場所でも人が注視している方向を検知できる。

高速に計算可能な特徴量抽出技術により,検知精度を落とすことなく1人あたり1ミリ秒以下で視線の算出が可能。これにより,カメラに複数の人物が写っている場合でも,全ての人の視線を同時に測定することができる。

これにより,専用装置が不要になり,Webカメラ,監視カメラ,タブレット,スマートフォンといった通常のカメラでも高精度な視線検知を実現するという。

同社はこの技術を,通行人の視線の動きから,街中における避難・誘導標識の最適な配置や不審者の監視といった安全・安心に関わる用途への応用を進める。また,スーパーマーケットなどの店舗にいる顧客やデジタルサイネージに注目している顧客の視線の動きから,人気商品や人気コンテンツの推定といったマーケティング用途としての応用も視野に実用化を進める。

その他関連ニュース

  • リンクス,ソニーセンサー搭載の産業向けカメラを発売 2017年07月24日
  • タムロン,可視光~近赤外光の3M対応レンズを発売 2017年07月24日
  • 2020年度デジタルサイネージ市場,3,361億7,000万円に 2017年06月06日
  • オンセミ,監視カメラ向け5Mセンサーを発売 2017年04月06日
  • ソニー,高感度ネットワークカメラ8機種発売 2017年03月01日
  • パナ,高コントラストな画質の透明スクリーンを開発 2017年02月01日
  • 2016年のIPカメラ国内市場規模,前年比14.1%増に 2016年10月19日
  • 富士通,機械学習を活用した交通映像解析技術を開発 2016年10月18日