三菱電機,新ブランドのレーザー変位センサーを発売


三菱電機は,生産現場で使用されるFAセンサーの製品ブランドを「MELSENSOR(メルセンサ)」とし,主に自動車部品や電機・電子部品の製造で使われるレーザ変位センサーの新製品50機種を2017年1月16日に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

新製品は,同社のFA技術とIT技術を活用し開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するソリューションである「e-F@ctory」(イーファクトリー)の導入を支援する,100Mb/sの汎用Ethernet通信を用いた産業用オープンフィールドネットワーク「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」に対応。生産現場の計測データをシームレスに収集・管理でき,品質管理やトレーサビリティーなどを実現する。

CC-Link IEフィールドネットワークBasicのインターフェース機能の搭載により,同社シーケンサー(プログラマブルコントローラー)に生産現場の計測データをシームレスに集約できるほか,CC-Link IEフィールドネットワークBasic通信機能内蔵シーケンサーCPUとレーザー変位センサーを一本のケーブルで接続し,配線の簡略化を実現した。

同社のエンジリアリングツールでセンサー設定やメンテナンスを容易に実現するソリューション「iQ Sensor Solution」(iQSS)により,汎用Ethernet通信でも各種データのモニターやセンサー設定ができる。

また,46種類のセンサーヘッドと4種類のコントローラーの組み合わせにより,測定対象物(ワーク)の多種多様な特性に応じた測定が可能。サンプリング周期の高速化により,業界最高クラスの高精度な測定を実現した。

その他関連ニュース

  • 愛知プロ,かおりを可視化するCMOSセンサー開発 2018年04月06日
  • 竹中電子工業,コンパクト光学式距離センサーを発売 2018年03月02日
  • 産総研,風圧分布計測フィルムをレーザー加工で開発 2018年02月07日
  • ロボット向けTOF市場,2025年に1,527億円に 2018年01月16日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オンセミ,国内FA市場に集中投資へ 2017年12月05日
  • 3D ロボットビジョンを巡る熾烈な開発競争 2017年11月30日
  • OKI,レーザーとカメラを融合した現場監視システムを開発 2017年11月02日