東大合田教授,WIRED Audi INNOVATION AWARDを受賞

東京大学 化学専攻の合田圭介教授は「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,テクノロジーメディア「WIRED」と自動車メーカ「Audi」によるもので,すでに第一線で活躍,あるいはこれから新たな世界を拓く研究を進めているイノベーター(研究者,科学者,企業家,発明家,クリエーターなど)に贈られる賞。日本から世界に知らしめるべき「未来をつくるNext Innovator」 として受賞した。

合田教授は,世界最高速の先端光学イメージング法や分子分光法を基軸に,異分野(電子工学,応用化学,分子生物学,情報科学,遺伝子工学など)の知見や技術を融合することで,科学的・産業的に高価値な希少細胞の探索を可能にしようとしている。

これまで膨大な試行錯誤の過程で得ていたセレンディピティ(砂浜から一粒の砂金を探すような幸運かつ偶然の発見)を計画的に創出しようとするこの研究は,グリーンイノベーション領域(バイオ燃料開発,環境浄化,機能性食品生成など)及びライフイノベーション領域(がん検査,再生医療,創薬など)への展開が大いに期待されている。

さらに,バイオ燃料開発や血液検査などのアプリケーションを同時に開発することで「研究のための研究」ではなく,真のイノベーションを目指している点が高く評価され,今回のご受賞となった。

その他関連ニュース

  • NAIST速水氏,Poster Presentation GREEN2016を受賞
    NAIST速水氏,Poster Presentation GREEN2016を受賞 2017年01月16日
  • 東大,細胞内分子を高輝度観察できるタンパク質センサーを開発
    東大,細胞内分子を高輝度観察できるタンパク質センサーを開発 2017年01月10日
  • 筑波大ら,白色レーザーで標識物質を使わずイメージング
    筑波大ら,白色レーザーで標識物質を使わずイメージング 2017年01月10日
  • 名大,幹細胞イメージング用量子ドットを開発
    名大,幹細胞イメージング用量子ドットを開発 2017年01月10日
  • NAIST中嶋准教授,APA Prize for Young Scientistsを受賞
    NAIST中嶋准教授,APA Prize for Young Scientistsを受賞 2017年01月05日
  • 京大ら,タンパク質中の原子の動きをXFELで撮影
    京大ら,タンパク質中の原子の動きをXFELで撮影 2016年12月26日
  • 阪大,5色の高光度化学発光タンパク質を開発
    阪大,5色の高光度化学発光タンパク質を開発 2016年12月15日
  • 理研ら,聴覚に関わるタンパク質の動きをイメージング
    理研ら,聴覚に関わるタンパク質の動きをイメージング 2016年12月13日