パナソニック,北米に太陽電池生産・販売会社を設立


パナソニックは,パナソニック ノースアメリカの社内分社として,北米市場向けに,太陽電池を生産・販売する「パナソニック エコソリューションズ ソーラー ニューヨーク アメリカ」を2月1日,米国ニューヨーク州バッファローに新設すると発表した(ニュースリリース)。

今回の社内分社は,バッファロー工場における高効率な太陽電池セル,モジュールの生産および販売を行なうために新設するもの。2017年夏に予定する生産開始に向けて,必要な設備,機械を設置していくとしている。

同社は昨年12月,太陽電池分野で米テスラモーターズとの協業に向けた検討を開始すると発表している。具体的には,北米市場向けに,テスラ社傘下のバッファロー工場における太陽電池セル,モジュールの生産協業に関する検討を進めていた。

その他関連ニュース

  • 金沢大,有機薄膜太陽電池品質の劣化プロセス解明 2019年12月09日
  • 三菱電機,太陽光発電システムの製造を終了 2019年12月03日
  • OISTら,ペロブスカイトの欠陥に新たな知見 2019年11月25日
  • 理科大ら,機械学習で太陽光発電の異常検知 2019年11月20日
  • 山形大ら,フレキシブル有機薄膜太陽電池を実証試験 2019年11月08日
  • プラス,室内照明対応IoTシートを開発 2019年11月06日
  • 東工大,ペロブスカイト太陽電池の特性向上 2019年10月22日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日