パナソニック,北米に太陽電池生産・販売会社を設立


パナソニックは,パナソニック ノースアメリカの社内分社として,北米市場向けに,太陽電池を生産・販売する「パナソニック エコソリューションズ ソーラー ニューヨーク アメリカ」を2月1日,米国ニューヨーク州バッファローに新設すると発表した(ニュースリリース)。

今回の社内分社は,バッファロー工場における高効率な太陽電池セル,モジュールの生産および販売を行なうために新設するもの。2017年夏に予定する生産開始に向けて,必要な設備,機械を設置していくとしている。

同社は昨年12月,太陽電池分野で米テスラモーターズとの協業に向けた検討を開始すると発表している。具体的には,北米市場向けに,テスラ社傘下のバッファロー工場における太陽電池セル,モジュールの生産協業に関する検討を進めていた。

その他関連ニュース

  • 東北大,電位差界面を使わず光起電力を発生 2019年09月20日
  • 工繊,ビスマス含有半導体の高品質化に成功 2019年09月03日
  • JAXAら,持続可能な住宅システムを南極で実験 2019年08月28日
  • シャープら,太陽光発電の余剰電力買取を開始 2019年08月07日
  • 2030年太陽光発電市場,2018年の3割以下に 2019年07月30日
  • 京大,負の屈折率温度係数を持つ材料を発見 2019年07月23日
  • 東芝,AIで高精度に太陽光発電量を予測 2019年07月17日
  • NEDOら,太陽光発電の設置ガイドラインを公開 2019年07月09日