旭硝子,米スマートガラスメーカーへ出資

旭硝子は,米のスマート調光ガラス開発会社 Kinestral Technologies社(Kinestral)が発行する,総額65百万米ドルの新規発行株式の一部を引き受け,同社へ取締役1名を派遣すると発表した(ニュースリリース)。

Kinestralが開発したスマート調光ガラス「ヘイリオ」(Halio™)は,最新の材料科学,デバイス物理学,自動化システム,およびクラウド・ソフトウェア技術を組み合わせた,高機能かつ反応性の良い自然光管理システム。

澄み切った外観かつ,均一な色合いで,透明から柔らかなライトグレーへ,そしてプライバシーを守るためのダークグレイまで自由自在にトーンを調整できる。リアルタイムの応答性により,床から天井までの大きな窓でも,約3分で最も暗いグレーの色調になる。色調の変更には電力を使用するが,その維持にエネルギーは不要だという。音声コマンドや,壁掛けコントロールを使用して,手動で操作することができるとする。

同社グループでは,2018年の上市に向け,この製品の共同開発を加速させていく。これによって,建物の窓がインターネットにつながる,ガラスのIoT(Internet of Things)を実現し,新たなガラスのビジネスモデルを構築していくとしている。

その他関連ニュース

  • 名大ら,湖底のガラス層生成機構を解明 2019年11月13日
  • パナら,ガラス技術でマイクロ流路の大量生産へ 2019年11月06日
  • プラス,室内照明対応IoTシートを開発 2019年11月06日
  • セイコーエプソン,3D企業と提携 2019年11月05日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日
  • 九大,複雑形状シリカガラスを3Dプリント 2019年10月16日
  • 電気硝子,高屈折率・透過率ガラスを開発 2019年10月10日
  • KDDIら,映像とセンサー内蔵ボールで選手育成 2019年10月08日