リコー,埼玉の生産・設計関連拠点を閉鎖


リコーは,生産・設計関連会社であるリコーインダストリー株式会社・リコーテクノロジーズ株式会社の埼玉事業所(八潮市)を,2018年3月をもって閉鎖する(ニュースリリース)。

この閉鎖に伴い,同事業所の生産機能をリコーインダストリー本社事業所(神奈川県厚木市)と,リコー 環境事業開発センター(静岡県御殿場市)に移管する。また,設計機能はリコー テクノロジーセンター(神奈川県海老名市)に移管する。

同社は平成29年3月期通期の連結業績予想数値について,売上高が前回予想を下回ると共に,法人所得税費用の増加により,平成29年3月期の通期連結業績予想における当期利益を,180億円から100億円へと下方修正している。

同社ではこの再編により,グローバル生産体制における国内拠点のマザー機能の強化や,次世代生産システム構築の加速を図る体制を再構築するとしている。

その他関連ニュース

  • オムロン,バックライト事業から撤退 2019年09月10日
  • 市光工業,小型ランプのハクデンを解散 2019年05月15日
  • オハラ,子会社の足柄光学を解散 2019年03月20日
  • NEC,照明事業より撤退 2018年11月30日
  • 東芝ライテック,製造拠点を再編 2018年09月19日
  • ニコン,中国カメラ製造子会社の清算を開始 2018年05月23日
  • ニコン,中国生産拠点の操業を停止
    ニコン,中国生産拠点の操業を停止 2017年10月31日
  • ニコン,4月1日付で「光学本部」を新設 2017年04月04日