パイオニアとHERE,地図サービスで提携

パイオニアは,オランダHEREと,グローバルな地図ソリューションと,自動車業界などさまざまな業界向けの次世代位置情報サービスにおいて戦略的な提携を進めていくことに合意した(ニュースリリース)。

この合意は,昨年より両社で進めてきた,パイオニアの「3D-LiDAR」センサー技術を活用し,自動運転用地図の更新・運用を行なう“データエコシステム”の開発検討に続くもの。

両社は,それぞれが保有する地図と自動車関連技術などを組み合わせ,業界トップクラスの規模と品質で,グローバルな標準地図の相互提供と自動運転用高精度地図ソリューションの提供に向けた取り組みを進めていく。

今後,車室内のインフォテインメントや自動運転への活用を検討している自動車業界だけでなく,幅広い業界の顧客に対し,位置情報をさまざまなサービスと連携させる“ロケーションインテリジェンス”を活用した新しいビジネスをサポートする予定。

また,両社は,パイオニアのセンシングデバイスによって収集されたリアルタイムデータを活用した新しいサービスの構築も検討していくとしている。

その他関連ニュース

  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日
  • PSSIら,自動運転バスのデモを実施 2019年11月15日
  • 【光フェア】コニカ,VCSEL向け評価用分光器を出展 2019年11月12日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム,2030年は5,330万台に 2019年10月30日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日
  • 東芝,単眼カメラで高精度測距するAIを開発 2019年10月28日
  • オンセミの車載センサー出荷数,1億個に 2019年10月23日