日板,米のHUD向けフロントガラス工場に投資

日本板硝子(NSGグループ)は,米国ケンタッキー州バーセールズの自動車用ガラス工場に750万米ドルを投じて,最新技術による製造プロセス刷新に着手することを決定したと発表した(ニュースリリース)。

着工は本年春を予定し,フロントガラス(合わせガラス)製造用に最新の高精度プレス(APBL)設備を導入する。これは複雑形状で面精度の高いフロントガラス製造のために開発された,同社独自技術による高精度プレス工法は,ヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)に対応するフロントガラス製造の中核技術となるもの。

今回の取り組みは,自動車用ガラス市場の現在と将来の顧客需要に応えるNSGグループのグローバルな施策の一例であり,HUDなどの運転支援システム関連技術の進歩により,高面精度のニーズに応えていくとしている。

今回の投資計画はケンタッキー州政府経済開発融資機構による支援も得ており,これにはバーセールズ工場での新設備設置と既存設備改修が含まれる。NSGグループのPilkington North America, Inc.が操業する同工場は1987年の設立で,従業員は約300名。

その他関連ニュース

  • ショット,薄板ガラスへの精密加工技術を開発 2018年03月28日
  • 東大,ガラス形成物質のダイナミクスを解明 2018年03月19日
  • オンセミ,車載カメラ向け認証済イメージセンサーを発売 2018年03月13日
  • 日板,ライン上で厚さ0.7㎜ガラスに透明導電膜を付与 2018年03月12日
  • 日本電気硝子,深紫外域の透過率を高めたガラスを発売 2018年03月06日
  • 三菱電機,物体の質感を表現するディスプレー技術を開発 2018年02月20日
  • 三菱電機,自動車向け「安心・安全ライティング」を進化 2018年02月14日
  • 産総研ら,低温で液相から成形できるLED用ガラスを開発 2018年02月09日