DNPら,静止画が動く「変幻灯」POP広告を販売

大日本印刷(DNP)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は共同で,写真や絵に動きを与える光投影技術「変幻灯」を活用した次世代POP広告を開発し,DNPより2017年3月7日に販売を開始する(ニュースリリース)。価格は198,000円~(1台あたりのPOP広告制作費+変幻灯の映像制作費)。

DNPは,デジタルデバイスなどによるPOP広告が一般化する中,新たな表現方法を活用した製品開発を進めている。今回DNPとNTT Comは,NTT Comが提供する「変幻灯」ソフトウェアを組み合わせた次世代POP広告を共同開発した。

変幻灯は,ポスターやボードなどに印刷された絵柄をカメラで撮影し,その絵柄にあった動き(例:ろうそくの炎の揺れや、人物の表情の変化)のモノクロ映像データを専用ソフトウェアで制作する。制作したモノクロ映像をポスターなどにプロジェクターで投影すると,目の錯覚により,印刷された静止画が動画のように動いて見える。

これにより,消費者が静止画だと認識していたポスターやボードに動きを与えることが可能となり,高いアイキャッチ効果で,プロモーションやエンターテインメントなどの用途に活用できる。また,センサーを取り付けることで,手の動きに合わせて静止画が動くような視覚効果を付与することもできる。

その他関連ニュース

  • エプソン,レーザープロジェクターのラインナップを強化 2017年09月27日
  • 阪大,レーザープロジェクションマッピングの位置合わせ技術を開発 2017年09月26日
  • ソニー,家庭用4Kレーザープロジェクターを発売 2017年09月12日
  • TI,安価なDLPモジュールを発売 2017年08月03日
  • セイコーエプソン,比のプロジェクター工場を拡充 2017年07月18日
  • 三菱電機,メニスカスレンズ内蔵の638nm/2.5W LDを発売 2017年07月10日
  • シャープ,超短焦点レーザープロジェクターを発売 2017年06月02日
  • ソニーの4Kプロジェクター,「発明協会会長賞」を受賞 2017年05月31日