アバールデータ,カメラ向け光インターフェースを発売

アバールデータは,光インターフェース(I/F)Opt-C:Linkに対応した画像入力ボード「APX-3800X2」を新たに開発,2017年3月14日より発売開始する(ニュースリリース)。価格は188,000円(税抜き)。

同社が開発したマシンビジョン向けの光カメラI/F Opt-C:Linkは,1chあたり6.25Gb/sの転送速度で,CameraLink同等の性能を持ちながら,カメラと入力ボードを光ファイバーでつなぐことで,ノイズに強く,数百メートルの接続も可能,画像データと制御信号も同じ光通信で実現でき省配線にも貢献する。

このI/Fを採用した画像入力ボードは2012年より販売されている。今回開発された「APX-3800X2」は,Opt-C:Link 6.25Gb/s×2ch構成の回路を1枚のボード上に2系統搭載した4chの画像入力ボードとなる。この製品により高速化するカメラと多チャネル接続に対応する。

その他関連ニュース

  • オンセミ,国内FA市場に集中投資へ 2017年12月05日
  • 三菱電機,ビジョンセンサーに新製品を追加 2017年11月29日
  • 住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得 2017年11月08日
  • 理科大,世界最軽量級衛星用カメラを搭載へ 2017年11月08日
  • 阪大,スタジアムで光ファイバー無線による5G通信を実施 2017年11月08日
  • NTT Comら,新規太平洋横断ケーブルを敷設 2017年10月31日
  • KDDI研,モバイル無線信号の大容量光ファイバー伝送に成功 2017年10月24日
  • アバールデータ,「CoaXPress」動向セミナーを開催 2017年10月06日