アバールデータ,カメラ向け光インターフェースを発売

アバールデータは,光インターフェース(I/F)Opt-C:Linkに対応した画像入力ボード「APX-3800X2」を新たに開発,2017年3月14日より発売開始する(ニュースリリース)。価格は188,000円(税抜き)。

同社が開発したマシンビジョン向けの光カメラI/F Opt-C:Linkは,1chあたり6.25Gb/sの転送速度で,CameraLink同等の性能を持ちながら,カメラと入力ボードを光ファイバーでつなぐことで,ノイズに強く,数百メートルの接続も可能,画像データと制御信号も同じ光通信で実現でき省配線にも貢献する。

このI/Fを採用した画像入力ボードは2012年より販売されている。今回開発された「APX-3800X2」は,Opt-C:Link 6.25Gb/s×2ch構成の回路を1枚のボード上に2系統搭載した4chの画像入力ボードとなる。この製品により高速化するカメラと多チャネル接続に対応する。

その他関連ニュース

  • 理科大,開発した超小型衛星用計算機とカメラが軌道に 2018年02月22日
  • JAI,高速速トライリニア式カラーラインスキャンカメラを発売 2018年02月20日
  • シーメンスとキヤノン,インダストリー4.0で連携 2018年02月20日
  • ソニー,グローバルシャッター146万画素CMOSを開発 2018年02月13日
  • キヤノン,超高感度ネットワークカメラを発売 2018年02月06日
  • 竹中システム機器,ラインカメラ対応欠点検出装置を発売 2018年02月02日
  • 京大,量子計算を効率的にチェックする方法を提案 2018年01月23日
  • NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発 2018年01月11日