理研ら,酸化亜鉛が磁性伝導電子を持つことを発見

理化学研究所(理研),独マックスプランク微細構造物理学研究所,東北大学らの国際共同研究グループは,非磁性半導体である「酸化亜鉛」の伝導電子が,磁石の性質(磁性)を持っていることを明らかにした(ニュースリリース)。

「磁性半導体」は,電気的に磁性を制御できる不揮発性メモリなどの新たなエレクトロニクス素子を作ることができるため,低消費電力デバイス用の新たな材料として注目されている。非磁性半導体にマンガンなどの磁性元素を少量混ぜると伝導電子が磁性を持ち磁性半導体となるが,磁性元素は半導体中の電子を散乱するため,電子の移動速度が低下し半導体の特徴である高速な電気的制御を阻害するという問題があった。

一方で,2015年に理研は,従来の半導体と同程度に高品質な酸化亜鉛の単結晶薄膜の作製に成功している。その中を流れる電子は電子同士の反発が強く,磁性を持たせるのに有利であることが分かっていた。

今回,研究グループは磁性元素を混ぜることなく,電子同士の電子的な反発のみを利用して非磁性半導体の酸化亜鉛の伝導電子に磁性を持たせることができることを発見した。

まず,酸化亜鉛を流れる伝導電子の特性を磁場中で詳しく調べたところ,伝導電子が磁性を持つときに特徴的に生じる「異常ホール効果」を観測した。さらに,理論的解析の結果,酸化亜鉛中に存在する少量の結晶欠陥(欠陥)が小さな磁石として働き,伝導電子に磁性を持たせていることが明らかになった。

この成果は,従来の半導体では困難であった磁性と高速制御の両立という問題に対して解決の手掛かりを与えると考えられる。今後,動作温度の向上やデバイス化を進めることで,低消費電力デバイスへの応用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 京大ら,モット絶縁体を「溶かす」新手法を発見 2017年12月01日
  • 東大ら,電子波の位相変化は人工原子の内部構造を反映と確認 2017年11月24日
  • 東大,電子結晶の形成化過程の観測に成功 2017年10月03日
  • 東大ら,スピン液体の電子状態を解明 2017年10月03日
  • 東大ら,STMで電子軌道秩序を直接観察 2017年09月25日
  • 阪大ら,磁性分子中の電子スピン状態の解析法を開発 2017年09月21日
  • KEKら,グラフェン内の電子移動を観測 2017年09月19日
  • 東工大,複数の金属からなる電子化物を発見 2017年08月29日