住友電工,光ファイバーの伝送損失で世界記録更新

住友電気工業は,光ファイバーの伝送損失を低減するため,ガラスおよび樹脂被覆の技術を更に向上させ,過去最も低い伝送損失0.1419dB/km(波長1560nm)を実現し,世界記録を更新した(ニュースリリース)。

通信量は世界的に急激な増大が続いており,これに対応するために光通信システムの性能向上に対する要求が高まり続けている。光ファイバーの伝送損失を下げることは光通信システムの性能改善につながるもので,同社は,1988年に極低損失ファイバーを実用化して以来,継続的に伝送損失の低減をはじめとする技術を開発,実用化してきた。

今回,損失を低減するためのガラスおよび樹脂被覆の技術を更に向上させ,光ファイバーの伝送損失として過去最も低い0.1419dB/km(波長1560nm)を実現した。これは従来の記録を更新する新たな世界記録となる。

同社は今後も更なる技術開発に挑戦し,大洋間海底光ケーブル網などの超長距離光通信システムの性能改善に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • NII,231Gb/sで10TBを安定的に転送 2017年12月15日
  • 住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得 2017年11月08日
  • フジクラ,3456心光ファイバーケーブルを製品化 2017年11月08日
  • フジクラ,長距離伝送向け低損失大面積ファイバーを開発 2017年11月08日
  • 阪大,スタジアムで光ファイバー無線による5G通信を実施 2017年11月08日
  • NTT Comら,新規太平洋横断ケーブルを敷設 2017年10月31日
  • KDDI研,モバイル無線信号の大容量光ファイバー伝送に成功 2017年10月24日
  • KDDI研ら,マルチコアファイバーで10.16Pb/s伝送 2017年10月03日