OPIE’17,最先端宇宙研究の無料セミナー開催

重力波の検出やハビタブル惑星の発見など,宇宙研究・開発は新たなフェーズに入ってきたと言えます。この領域では言わずもがな,光技術が大きな役割を果たしています。OPIE’17では,JAXAと国立天文台から講師をお招きして,「宇宙・天文 オープンセミナー」を今年も開催します。

満席となったコースも,キャンセル等により空席ができ次第,募集を再開しますのでこまめにチェックすることをお勧めします。また,例年,当日にもキャンセルが出ますので,会場に直接お越しいただくことで聴講できる可能性もあります(キャンセル状況についてのお問合せにはお答えしておりません)。詳細・お申し込みはこちら

【4月19日】JAXA(相模原)の研究者が語る宇宙コース
世界初の宇宙ヨット「イカロス」の挑戦
「あかつき」が解き明かす金星気象の謎
火星衛星探査ミッション(MMX)

【4月20日】JAXA(つくば)の研究者が語る宇宙コース
地球観測用赤外線検出器の開発とその応用
地球観測衛星搭載大型カメラの基礎 ~「だいち」から先進光学衛星へ~
光データ中継システムについて

【4月21日】国立天文台の研究者が語る天文コース
重力波天体を追って
30m超大型望遠鏡の巨大・精密システム
星くずから地球へ

その他関連ニュース

  • H0LiCOW,重力レンズ効果で宇宙膨張率を測定 2020年01月10日
  • 東大,赤外線域で9元素によって生じる吸収線を同定 2020年01月09日
  • 阪大ら,天体からのガンマ線発生機構を解明 2019年12月24日
  • NAOJら,若い惑星系に大量の原子ガスを発見 2019年12月24日
  • NAOJ,120億年前の銀河核を発見 2019年12月19日
  • 極地研ら,中間圏で高エネルギー電子を検出 2019年12月04日
  • 京産大ら,赤外高分散分光器で中質量天体を観測 2019年11月28日
  • 京大ら,掩蔽現象をトモエゴゼンで高感度観測 2019年11月27日