オンセミ,監視カメラ向け5Mセンサーを発売

オン・セミコンダクターは,防犯・監視カメラをターゲットにした,2.2ミクロン(μm)裏面照射(BSI)ピクセル技術に基づくイメージング製品「AR0521」CMOSイメージセンサーを発表した(製品ページ)。

この製品は,2592x1944のアクティブピクセルアレイを備えた小型オプティカルフォーマット1/2.5インチ(7.13mm),5メガピクセルのデジタル・イメージセンサー。

ローリングシャッター方式の読み出し技術を用いてリニアまたはハイダイナミックレンジ(HDR)モードで画像をキャプチャするほか,ビニング,ウィンドウイング,ビデオモード,シングルフレーム・モードなどのカメラ機能を搭載している。

8,10,12ビット出力を選択でき,16:9ビデオ向け1440pモードにより,5MPで60f/sを達成している。一般的に防犯カメラの重要な要件である優れた低照度性能は,主に大きな2.2μm BSIピクセルにより,小さなピクセルと比較して高いリニア・フルウェルと低いノイズ量を実現している。

また,電子式のローリングシャッターおよびグローバルリセット解除の両方の機能を組み込み,マルチカメラ(ステレオ)サポートのための高度な水平同期制御が可能。統合型のカラーおよびレンズ・シェーディング補正,デジタルゲイン,ダイナミック欠陥補正などデジタル処理機能を備える。

主に遠隔ビデオ監視カメラでの使用を目的とし,10ビット出力で60f/sのフル解像度で動作する場合でも,消費電力を低く抑えている。動作温度-30°C~85°Cにより,厳しい屋外環境でも使用できるという。

その他関連ニュース

  • オンセミ,グローバルシャッタCMOSを発売 2017年11月13日
  • オンセミ,230万画素裏面照射型センサーを発売 2017年10月31日
  • オンセミ,車載向けCMOSの新製品を発表 2017年10月27日
  • ソニー,ADAS向け742万画素センサーを開発 2017年10月23日
  • 東大ら,地球接近小惑星の観測に成功 2017年10月13日
  • オンセミ,車載向け小型低消費電力センサーを発表 2017年10月11日
  • NAIST山口氏,脳内イメージングで応用物理学会論文賞を受賞 2017年09月12日
  • 2020年CMOS/CCDカメラ出荷台数,52億2,000万台に 2017年09月08日