ソニー,フリッカーを抑制したHDR対応CMOSセンサーを発売

ソニーは,車載カメラ向けの1/2.7型有効245万画素CMOSイメージセンサー「IMX390CQV」を商品化し,5月からサンプル出荷を開始する(ニュースリリース)。

このイメージセンサーは,LED標識や信号機などの撮影時に起こるLEDのちらつき(LEDフリッカー)を抑える機能と,120dBの広いダイナミックレンジでの撮影を実現するHDR機能を搭載している。

LEDフリッカー抑制機能とHDR機能の同時利用を可能にしたイメージセンサーの商品化は業界初で,これは同社独自の画素構造と露光方法により実現したもの。また高感度特性により,月明かりに相当する低照度0.1ルクスの環境下でも高画質なカラー映像の撮影ができる。

近年,標識や信号機などの交通設備や,ヘッドライト,ブレーキランプなどの車の装備の光源にはLEDが多用されている。また,車載カメラは,昼間のトンネルの出入り口など明暗差の大きな場面でも,ダイナミックレンジの広い高画質な映像を撮影することが求められる。

このイメージセンサーは,それらの状況に対応し,LEDフリッカー抑制とHDRの機能の同時利用を可能にすることで,車を取り巻く様々な交通環境において,認識精度の向上を実現するとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,超小型・高速・多チャネルの光電変換素子を開発 2017年09月14日
  • NAIST山口氏,脳内イメージングで応用物理学会論文賞を受賞 2017年09月12日
  • 2020年CMOS/CCDカメラ出荷台数,52億2,000万台に 2017年09月08日
  • ルネサス,監視カメラ向け4K CMOSを発売 2017年09月01日
  • 浜ホト,小型・低価格の1次元InGaAsイメージセンサを発売 2017年06月28日
  • KEKら,精度1μm以下の放射線測定センサーを開発 2017年06月27日
  • オンセミ,高解像度産業用センサーを発売 2017年06月08日
  • ソニー,業界最小画素のTOFセンサーを開発 2017年06月05日