パナ,光ID機能を装備したLEDスポットライトを発売

パナソニックは,可視光通信技術を搭載し,専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすだけで情報を読み取ることができる同社独自の「光ID」技術を活用した「LinkRay™(リンクレイ) スポットライト形」3機種42品番を4月に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

同社は2014年12月に,LED光源を高速点滅させることでさまざまな情報を送ることができる可視光通信技術を発展させ,その光源から送信される情報を搭載したID信号(「光ID」)をスマートフォンのイメージセンサーと専用アプリを用いて高速受信する技術を開発した。

この技術を活用し,2017年度から「LinkRay™ 情報配信サービス」として同社がサービス提供を行ない,展示会場や空港,鉄道の交通看板からの「施設案内や多言語案内サービス」によるインバウンド対応や,公共施設・商業施設での「クーポン情報配信」,店舗での「ショッピング詳細情報配信」などで活用されている。

今回発売するスポットライト形は,「光ID」技術を初めて当社の照明器具に搭載したもので,スポットライトの間接光から情報を取得する。美術館・博物館,飲食店,商業施設・店舗,展示会・イベント,ショウルームなどでの活用促進をはかる。

なお,「LinkRay™(リンクレイ) スポットライト形」は4月19日~21日,パシフィコ横浜で開催する光技術展示会「OPIE’17」会場内でデモを行なう予定。書籍販売チケットの配布や出展社情報などの告知をする。

その他関連ニュース

  • ローム,表示パネル用長寿命白色LEDを開発 2019年02月12日
  • 東北大ら,深紫外発光素子の高効率動作構造を解明 2019年02月01日
  • 横国大ら,新生児用ウェアラブル黄疸センサーを開発 2019年01月29日
  • マツダ,ALHで経済産業大臣賞を受賞 2019年01月21日
  • ウシオ,出力160mWのブロードバンドLEDを開発 2019年01月16日
  • 三菱マテ,車載LED向け高放熱性基板を開発 2019年01月09日
  • オーテックス,LED波長可変照明の取り扱いを開始 2018年12月21日
  • 凸版印刷,情報を表示する壁材を開発 2018年12月19日