昭和シェルら,CIS太陽電池で文科大臣賞受賞

昭和シェルと子会社のソーラーフロンティアは,平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において,同社のCIS薄膜太陽電池技術の研究者である櫛屋勝巳氏が科学技術賞(開発部門)を受賞したと発表した(ニュースリリース)。

科学技術分野の文部科学大臣表彰を受けるのは昭和シェル,ソーラーフロンティアともに初めて。なお,表彰式は4月19日に文部科学省で執り行なわれる予定。

今回の表彰は,「原料から廃棄まで地球環境に配慮した薄膜太陽電池技術の開発」に与えられる。従来のCIS薄膜太陽電池技術は,カドミウムや「鉛はんだ」を使用しており,4R(Refuse/Reduce/Reuse/Recycle)を考慮したものづくりという発想が薄く,太陽電池製品から有価物を適正に回収するための汎用的な処理技術開発への取り組みは不十分だった。

今回の表彰では,同社のCIS薄膜太陽電池技術が,原料から廃棄までの全体を俯瞰した独自の発想を組み込んでいることで,地球環境に負荷を与えず,安全かつ安心な発電技術が求められる社会のニーズに寄与したことが評価された。

両社は独自のCIS薄膜太陽電池技術で,ギガワット規模の商業生産を実現している。その後も更なる技術向上に取り組んでおり,2017年2月には30cm角のCIS薄膜太陽電池サブモジュールにおいて,変換効率19.2%となる世界最高記録(産総研測定)を達成している。

その他関連ニュース

  • NAIST岡田豪氏,セラミックス基礎科学討論会でBest Presentation Awardを受章 2018年01月23日
  • 東大合田教授,超高速イメージング・分光で高野榮一賞を受賞 2018年01月15日
  • 東大合田教授,SPIEフェローに選出 2017年12月21日
  • NEDOら,CIS系薄膜太陽電池で変換効率22.9% 2017年12月20日
  • 埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞 2017年12月11日
  • NEDOら,太陽光発電システムの水没実験を実施 2017年12月04日
  • 東大,半透明ペロブスカイト太陽電池の透明度を向上 2017年11月29日
  • 東北大発ベンチャー,Si基板の評価装置を発売 2017年11月07日