住友電工の林哲也氏,OSA若手研究者賞を受賞

住友電気工業 光通信研究所の林哲也氏は「長距離大容量伝送に適した結合型マルチコア光ファイバ」の開発が高く評価され,Optical Fiber Communication Conference 2017(OFC)において,米国光学会The Optical Society(OSA)より「The Tingye Li Innovation Prize」を受賞した(ニュースリリース)。

同賞は,OSAの会長を務めた故Tingye Li氏が光学・フォトニクス産業の振興に果たした世界的な功績を讃えて2013年に創設された賞。光通信関連で世界最大の国際会議であるOFCと,レーザー・光エレクトロニクス関連で世界最大規模の国際会議であるCLEOにおいて,それぞれ毎年1名の最も革新的なアイデアを提示した39歳以下の若手研究者に授与される。

受賞対象となった講演は「125-µm-cladding Coupled Multi-core Fiber with Ultra-low Loss of 0.158 dB/km and Record-low Spatial Mode Dispersion of 6.1 ps/km1/2,」。現行の光ファイバー伝送技術では対処困難な将来の通信トラフィックの増大に対して,現実的な解を提示したことが高く評価された。

その他関連ニュース

  • NICTら,標準外径ファイバで159Tb/s・1045km伝送 2018年04月05日
  • NEC,大容量光海底ケーブル「JGA」の建設を開始 2018年04月04日
  • NTT-AT,放送・映像向け光コネクタ清掃用クリーナを発売 2018年04月04日
  • 第10回レーザー学会産業賞が決定 2018年04月02日
  • 光科学技術研究振興財団,「晝馬輝夫 光科学賞」を創設 2018年04月02日
  • 日大吉川氏,光と磁気の国際会議で「Best Poster Award」受賞 2018年03月22日
  • 東大合田教授,市村学術賞を受賞 2018年03月22日
  • 慶大ら,量子ドット技術で新規通信波長帯(Tバンド)を開拓
    慶大ら,量子ドット技術で新規通信波長帯(Tバンド)を開拓 2018年03月19日