NEC,東南アジアで海底ケーブル3ルートを建設

NECは,東南アジアのパラオ共和国およびミクロネシア連邦向けに大容量光海底ケーブルを計3ルート建設する(ニュースリリース)。

第1のルートは,パラオ共和国と,東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States、シーユーエス)」を接続するもの。このケーブルの建設は,Belau Submarine Cable Corporation社と契約締結したもので,アジア開発銀行の資金が活用されている。

第2のルートは,ミクロネシア連邦のヤップ島とSEA-USを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

第3のルートは,ミクロネシア連邦のチューク島と,グアムとミクロネシア連邦の首都ポンペイを結ぶ大容量光海底ケーブルを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

今回建設する海底ケーブルは,いずれも100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式を採用する。これらの島々は現在,衛星通信を活用しており,新たなルートの建設により通信環境が向上することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NICT,1Pb/sの光パススイッチングに成功 2019年10月09日
  • NEDOら,シリフォトで16多重小型光回路を開発 2019年09月24日
  • 古河電工,デジコヒ向け超小型狭線幅ITLAを開発 2019年09月20日
  • 世界の5G契約数,2019年は850万の見込み 2019年09月10日
  • 光ファイバー製造装置,未来技術遺産に登録 2019年09月05日
  • JAXAとソニーCSL,ISSで光通信軌道上実証を実施 2019年07月30日
  • NEDOら,超小型4波長多重光受信チップを開発 2019年07月08日
  • NICTらの量子鍵配送ネットワーク,ITU-T勧告に承認 2019年07月03日