NEC,東南アジアで海底ケーブル3ルートを建設

NECは,東南アジアのパラオ共和国およびミクロネシア連邦向けに大容量光海底ケーブルを計3ルート建設する(ニュースリリース)。

第1のルートは,パラオ共和国と,東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States、シーユーエス)」を接続するもの。このケーブルの建設は,Belau Submarine Cable Corporation社と契約締結したもので,アジア開発銀行の資金が活用されている。

第2のルートは,ミクロネシア連邦のヤップ島とSEA-USを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

第3のルートは,ミクロネシア連邦のチューク島と,グアムとミクロネシア連邦の首都ポンペイを結ぶ大容量光海底ケーブルを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

今回建設する海底ケーブルは,いずれも100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式を採用する。これらの島々は現在,衛星通信を活用しており,新たなルートの建設により通信環境が向上することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,量子計算を効率的にチェックする方法を提案 2018年01月23日
  • NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発 2018年01月11日
  • 富士通,ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積 2018年01月10日
  • 京大,100万ch以上多重化可能な5G方式を提案 2018年01月09日
  • 玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功 2017年12月26日
  • NTT-AT,ODCコネクタ対応クリーナーを発売 2017年12月20日
  • NII,231Gb/sで10TBを安定的に転送 2017年12月15日
  • 住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得 2017年11月08日