JAXA,LiDARなどによる着陸時の風情報提供を開始


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は,JAXAと気象庁が共同で開発した「空港低層風情報(Airport Low-level Wind INformation)」(ALWIN)の実運用が,4月19日から東京国際空港(羽田)と成田国際空港で開始されたと発表した(ニュースリリース)。

ALWINとは,航空機の着陸経路上における風の情報(風向・風速,ウィンドシアーや乱気流等)を提供するサービスで,現在,管制官から無線による音声通信で行なわれているウィンドシアー等の情報提供に比べて,風の状態変化をリアルタイムでより詳細かつ正確に把握できるため,より安全に着陸することが可能になる。

具体的には,①地上に設置された空港気象ドップラーレーダー及びドップラーライダー等の観測データから,②ウィンドシアーや空港周辺の地形や建築物の影響等による乱気流を自動的に検出し,③グラフィックデータで運航会社に配信するととともに,④ACARS(航空機と地上とのデータ通信システム)の形式に変換して航空機に送信する。④の機能については,現在,JALとANAのみを対象として試行的な運用を行なっている。

例えば成田国際空港では毎年100件程度の着陸復行(ゴーアラウンド)が発生し,そのうち9割程度が,ウィンドシアーや乱気流の影響と言われている。1回の着陸復行で,到着時刻が20分程度遅延する原因となる。また同空港では,着陸時の乱気流の影響による乗員・乗客の死傷事故が過去10年間で2件発生している。

このような風情報サービスの実運用は世界で初の事例。ALWINの実運用開始により,安全性や定時性向上の効果が期待されるとしており,今後,これらの導入効果の検証を進めていく。

その他関連ニュース

  • 小糸,クワナジー製LiDAR内蔵ランプシステムを展示 2017年10月17日
  • 北陽電機,3D LiDARを発売 2017年09月20日
  • リコーとAZAPA,自動運転の実証実験を開始 2017年09月20日
  • パイオニア,3D LiDARのサンプル提供を開始 2017年09月12日
  • 西松建設ら,車両搭載型レーザー計測システムの有効性を確認 2017年09月11日
  • パナ,ロボット向け広角スキャンLiDARを開発 2017年09月11日
  • パイオニア,バス会社と自動運転の実証実験を実施 2017年09月05日
  • ボーイング,JAXAの乱気流監視ライダーをテスト 2017年08月03日