チノー,高速計測が可能な熱画像計測装置を発売

チノーは,高速に温度計測ができる「固定形熱画像計測装置 CPA-L(Ver.4)」を,5月12日から発売する。価格は,「CPA-L25B4」(水平画角:25°)が1,936,000円,「CPA-L50B4」(水平画角:50°)が2,500,000円。

この製品は,シャッターレスの構造を採用し,漏れのない高速(60Hz)かつ連続の温度計測を可能としており,測定対象の温度異常を捉えることで,生産性の向上や安全性の確保に役立つ。その上で,同社従来機と同等の精度,安定性を持つため,周囲温度が変化する生産現場などの環境下での運用を可能としている。

この装置と専用のコントローラやPC・専用アプリケーションを組合わせることにより,高度な画像処理でさまざまな警報判定を可能とする。また,7月発売予定の映像・警報出力オプション仕様を選択することで,カメラ本体と汎用のPCのみで,エリア上下限警報などの警報をカメラ本体から出力することができ,熱画像システムを簡単・低コストに実現する。

その他関連ニュース

  • 東北大,スピン流が生成する温度変化を可視化 2016年12月14日