オークマと日立,IoTによる高効率工場を共創

オークマと日立製作所は,IoTを活用し,マスカスタマイゼーションに対応した高効率生産の先進モデル確立に向けた協創を開始し,オークマの新工場Dream Site2(DS2)において実証モデルを立ち上げた(ニュースリリース)。

近年,製造業では,顧客ニーズの多様化や急速なデジタル化の進展,グローバル競争の激化により,顧客の個別要求に応じた超多品種少量生産においても,大量生産並みの生産性を実現するマスカスタマイゼーションへの対応が求められている。こうしたものづくりの現場では,短納期品の割り込み受注や,急な納期・仕様の変更による生産計画の変更が頻繁に繰り返され,生産性向上の妨げとなっている。

なかでも工作機械は,顧客要求が多種多様でかつ,数千点から数万点にも及ぶ部品を加工・組立てて製造される超多品種少量生産の典型。ここで「必要なものを,必要なときに,必要な量だけ」つくる究極の高効率生産モデルの構築が重要であり,一個流し生産や,また急な変更指示に対しても,現場で生産状況の見える化により早期に把握し,作業指示の周期を速めることが必要となる。

こうした課題に対しオークマは,Dream Site1(DS1)を2013年に立ち上げて高効率でスマートなファクトリーの実現に向けた先導的役割を果たしてきた。そこで培ったノウハウ・経験を生かし,さらに進化した次世代ファクトリーの構築を検討してきた。日立は,自ら製造業として長年培ってきた経験・ノウハウを基にITとOT(制御・運用技術)を融合したIoTプラットフォーム「Lumada」等,製造業向けのソリューションコアを開発・提供している。

今回,オークマと日立は,「生産の見える化の進化」と「工場制御周期の高速化」をテーマに両社のノウハウを融合し,新工場DS2において,マスカスタマイゼーションに対応する高効率生産の実証モデルを構築した。加工から組立,そしてサービスを含む次世代のものづくりプロセス全体の革新,モデルの構築に取り組み,この実証を含む生産革新により,生産性2倍,生産リードタイム半減を目指す。

その他関連ニュース

  • 富士通,低照度でも使える太陽電池ビーコンを発売 2018年03月30日
  • 関大,従来の100倍以上発電する摩擦発電機を開発 2018年02月27日
  • シーメンスとキヤノン,インダストリー4.0で連携 2018年02月20日
  • NICT,スマホ搭載可能な超小型原子時計を開発 2018年01月25日
  • JDI,透明な静電容量式ガラス指紋センサーを開発 2018年01月25日
  • 京セラ,LPWA対応「IoTユニット」を開発 2017年09月05日
  • リコー,遠隔機器監視サービスを開始 2017年07月18日
  • 2016年度IoT型センサーシステム市場は109.6万,前年度比6.7%増 2017年07月18日