米TriLumina,LiDAR開発に900万ドルを新規調達

先進運転支援システム(ADAS)および自動運転向けLiDARを開発する,米TriLumina Corp.は17日,証券発行と借り入れによって新たに900万ドルの資金調達を完了したと発表した(HP)。

同社はこの資金を,フリップチップのソリッドステート裏面発光VCSELレーザーアレー技術を用いた小型車載LiDAR開発に利用する。資金を提供したのはKickstart Seed Fundのような新規投資家のほか,Stage 1 VenturesやCottonwood Technology Fund,DENSO(デンソー)Ventures,Sun Mountain Capitalといったこれまでの出資者も再投資した。

同社の発光モジュールは,コストに優れた小型で堅ろうなパッケージに高解像度な長距離センサーを搭載しており,現在の自動運転車両公開試験に使用される高価で大型のLiDARの代替と,半自動運転および自動運転車両での採用を目指す。開発は既に初期の段階から,自動車メーカーにLiDARモジュールをサンプル出荷するステージに移行しているという。

その他関連ニュース

  • パナ,100万画素のTOF画像センサーを開発 2020年02月18日
  • OSSら,リアルタイム運転技能診断システムを開発 2020年02月13日
  • パナ,レーザーSLAM搭載ロボ掃除機発売 2020年02月10日
  • 横国大,光ビームを自在操作するチップ開発 2020年01月15日
  • PSSI,次世代3D-LiDARセンサーの試作機など公開 2020年01月08日
  • ソニー,自社センサーによる自動運転車を試作 2020年01月07日
  • 日立,3倍広角の車載ステレオカメラ開発 2019年12月27日
  • 独Pepperl+Fuchs,3D-LiDARセンサーを発表 2019年12月24日