米TriLumina,LiDAR開発に900万ドルを新規調達

先進運転支援システム(ADAS)および自動運転向けLiDARを開発する,米TriLumina Corp.は17日,証券発行と借り入れによって新たに900万ドルの資金調達を完了したと発表した(HP)。

同社はこの資金を,フリップチップのソリッドステート裏面発光VCSELレーザーアレー技術を用いた小型車載LiDAR開発に利用する。資金を提供したのはKickstart Seed Fundのような新規投資家のほか,Stage 1 VenturesやCottonwood Technology Fund,DENSO(デンソー)Ventures,Sun Mountain Capitalといったこれまでの出資者も再投資した。

同社の発光モジュールは,コストに優れた小型で堅ろうなパッケージに高解像度な長距離センサーを搭載しており,現在の自動運転車両公開試験に使用される高価で大型のLiDARの代替と,半自動運転および自動運転車両での採用を目指す。開発は既に初期の段階から,自動車メーカーにLiDARモジュールをサンプル出荷するステージに移行しているという。

その他関連ニュース

  • 2022年の世界カーナビ市場,3,117万台まで拡大 2018年01月22日
  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • オンセミ,デプスマッピング機能付きCMOSセンサーを発売 2018年01月11日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加 2018年01月10日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • トプコン,点群データの処理サービスを開始 2017年12月28日