シャープ,μLEDディスプレー開発に向け提携

シャープは5月19日,次世代のディスプレー技術であるμ(マイクロ)LEDディスプレーの開発に関する事業化に向けて,同社が保有する関連特許を同じく同ディスプレーの開発を行う米国のeLux Inc.に対して保有する関連特許を現物出資すると発表した(ニュースリリース)。

同社は,昨年8月に発足した新経営体制の下,早期黒字化に向けた構造改革を断行してきた。今後,さらに長期的な視点に立って競争力を強化し,成長軌道への転換を図るべく「新規事業の加速」による事業拡大に向け様々な取り組みを進めている。

このうような中,同社はかねてより次世代ディスプレー技術の一つとされるμLEDディスプレーの製造技術の開発・製品化を進めてきており,早期の事業化には他の企業との協働により開発・製品化を進めることが最善と判断した。

この出資により,同社は,eLux社がCyberNet Venture Capital Corporation,台湾Advanced Optoelectronic Technology Inc.及び台湾Innolux Corporation(いずれも鴻海精密工業と資本関係有)と共同で推進を図っているμLEDディスプレーの合弁事業に参画することを主旨とする業務提携契約を締結する。

この出資により,シャープに発行される株式は700,000株(発行価額7百万USD)。出資比率は,CyberNet社が45.45%,シャープが31.82%,Innolux社が13.64%,AOT社が9.09%となる。今後はこの業務提携を通じ,μLEDディスプレーの事業化に取り組むとしている。

その他関連ニュース

  • ソニーら,窓の無いエンタメ車両サービス開始 2019年10月21日
  • 東工大,ペロブスカイトLEDの低発光効率を解明 2019年10月17日
  • QDシート用フィルム出荷,2022年は3,200万㎡ 2019年10月15日
  • マクセル,高精細OLEDパネル用マスクを量産 2019年10月11日
  • 横国大ら,高密度蛍光体セラミックスを常温作成 2019年10月11日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • 横市大ら,種から蛍光性量子ドットを簡易合成 2019年10月03日