NAIST速水氏,IEEE「Academic Research Award」受賞

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)光機能素子科学研究室の速水一氏は,2017年5月15,16日に東京大学生産技術研究所にて開催されたLSIとシステムのワークショップ2017ポスターセッションにおいて「LSIとシステムのワークショップ IEEE SSCS Japan Chapter Academic Research Award」を受賞した(ニュースリリース)。

同賞はポスターセッション発表者68名の中から優れた2名を表彰するものとして,IEEE SSCS Japan Chapterより贈られた。

受賞課題は,「複数の脳内埋植型イメージセンサを搭載した多点撮像デバイスと近赤外線光を利用した画像伝送によるマウス用脳機能計測システム」

この研究では,システム構成が小規模な脳機能計測デバイスとして,複数のイメージセンサーによる脳内埋植型多点撮像デバイスと近赤外光の点滅による無線信号伝送システムを開発している。発表では,複数のイメージセンサーを省配線で接続した多点撮像デバイスを試作し,近赤外光の点滅による画像の無線伝送を実証した。この技術は,小動物向けの脳機能計測の自由度をより拡充すると期待されるものだという。

その他関連ニュース

  • 理科大藤嶋学長,平成29年度文化勲章を受章 2017年10月25日
  • 「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始 2017年10月20日
  • 東大合田教授ら,日本光学会特別賞などを受賞 2017年10月13日
  • 富士フイルム,シネマレンズでエミー賞受賞 2017年10月03日
  • 三菱ケミの植物工場野菜,優秀味覚賞を受賞 2017年10月03日
  • 立教大森本氏,光化学協会奨励賞を受賞 2017年10月02日
  • NAIST岡田氏,日本セラミックス協会の講演奨励賞を受賞 2017年09月27日
  • 「第20回光設計賞」が決定 2017年09月13日