ウシオのEUV採用の蘭機構,サービスを開始


ウシオ電機の高輝度EUV光源を搭載したオランダ応用科学研究機構(The Netherlands Organization for Applied Scientific Research:TNO)のEUV照射・分析用ファシリティ「EBL2」が2017年3月27日に正式オープンし,EUV関連企業や機関などを対象に,光学部品やマスク・ペリクル・センサー等の各種研究・評価サービスの受付を開始した(ニュースリリース)。

TNOのEUV照射・分析用ファシリティ「EBL2」は,サンプルをハンドリングから光照射,評価まで一貫して真空環境でリアルタイム(in-situ)に計測できる。また,ウシオの高輝度・高出力EUV光源により,6インチマスクまで対応した大面積露光評価が可能で,評価期間の短縮にも貢献している。

その他関連ニュース

  • DNP,5nmプロセス向けフォトマスク技術を開発 2020年07月13日
  • 東大ら,極端紫外光で薄膜の微細加工に成功 2020年05月15日
  • 東工大ら,高分子電解質のシャボン玉でEUV発生 2020年04月14日
  • ラムリサーチ,EUV露光向けの技術を発表 2020年03月03日
  • 東大ら,軟X線でポンプ・プローブ分光に成功 2019年12月24日
  • 日立ハイテク,高分解能FEB測長装置を開発 2019年12月13日
  • 富山大ら,放射光により原子の形状操作に成功 2019年12月06日
  • eBeam,EUVマスク検査の実現性を高評価 2019年09月17日