東大の中村卓磨氏,レーザー学会奨励賞を受賞

5月31日に行なわれたレーザー学会第45回定時総会にて,東京大学小林研究室D3の中村卓磨氏がレーザー学会奨励賞を受賞し表彰された(ニュースリリース)。

この奨励賞は,レーザーに関する研究できわめて示唆的かつ独創性,将来性のあるものに対して贈られる賞で,会誌やレーザー会主催の講演会などに限定されず,関連学術雑誌や会議などでの発表を対象とするもの。

受賞対象となった発表は,レーザー学会の第496回研究会で招待講演した「MOM(磁気光学変調器)によるファイバーコムの高速制御」。

今日研究されているレーザーの制御は,1メートルの光共振器を原子の直径の1000万分の1のレベルで操作するほど高精度になっている。この精度は従来の電場駆動による光路長制御器の機械的共振によって制限されていた。

この研究では,変調器の駆動を磁場ベースに置き換え,機械的共振の発生しない全く新しい変調器として「磁気光学変調器」(MOM: Magneto-Optic Modulator)を開発し,実際のレーザー制御に有用である事を示した。

この研究の成果は,光原子時計への応用等,究極のレーザー制御が必須の応用に対して重要な成果であるという。

その他関連ニュース

  • 文科省,光・量子飛躍フラッグシッププログラム課題を採択 2018年09月21日
  • 三菱電機,5G向け25Gb/s EML CANレーザーを発売 2018年09月11日
  • オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受 2018年09月04日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日